体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」

2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」

ソニーの新型VAIO(バイオ)シリーズの中でも特に異彩を放つ逸品がこのVAIO Duo 11だ。利用シーンによってキーボードモードとタブレットモードの2つの形状に素早く切り替えることができるのが最大のポイントだ。そのVAIO Duo 11の細部を見てきたので紹介しよう。

2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」ノートPCとして使うキーボードモード 2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」キーボードはアイソレーションタイプ、ポインティングデバイスはスティックタイプだ。 2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」通常のノートとは異なるヒンジ部分。 2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」キーボードモード時の左サイド 2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」キーボードモード時の右サイド 2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」タブレットモード。このようにフラットになる。 2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」左サイドにはアナログRGBとメモリーカードスロット、ヘッドホン端子 2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」右サイドには、USBポートとHDMI、電源ボタン 2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」液晶中央下部にWindowsのロゴ入りボタン 2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」背面側にボリュームボタン等が設けられている。 2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」スタイラスペンが付属する。 2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」ペン先は2種類。黒いほうがハード。
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。