ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『千日の瑠璃』321日目——私は流木だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は流木だ。

まだキャンプ場に人声がまったく飛び交っていない早朝、砂浜にそっと打ち上げられた、流木だ。これまで私は、さほど広いとは思えぬうたかた湖を、およそ一年にも亘って彷徨った。けれども、なぜか岸へ引き寄せられたためしが一度もなかったのだ。突風が吹き荒れて波が逆巻くときでも、遊覧船が蹴立てる波に煽られたときでも、湖の中心付近を回っているだけだった。

それがどういうわけか、今朝になって突然遊泳場の方へどんどん引き寄せられ、無風状態なのに木の葉のように軽くあしらわれ、とうとう砂地へ乗り上げた。長い漂流のあいだに私はたっぷりと水を吸い、皮がきれいに剥けてしまい、表面は真っ白に変色していた。そんな私のことを何かの骨とでも見間違えたのか、一羽の老いた烏がやってきた。そいつは私の上にとまると、ひびだらけの嘴をこすりつけ、二度、三度とはばたき、壮とするに足る意気を世間へ向って示した。

そのあとで、いくらか山国に馴染んだもののまだまだ居場所がない鷗がとまり、私に相談を持ち掛けてきた。海へ帰るべきかどうか、と。私は答えなかった。それから昨晩男の家に泊まった女がきて、合歓の余韻を残した腰を私の上におろし、両親にどんな言いわけをしたらいいかをさんざん思案した挙句、正直に話すしかないと腹を括り、これから帰って行かなくてはならない丘の家を睨みつけた。
(8・17・木)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。