体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』264日目——私は麦だ。(丸山健二小説連載)

 

私は麦だ。

国の政を執る者たちに米はもう充分だと言われて、やむなく作られた麦だ。手を抜くだけ抜いて作られた私だが、それにしては実によく育ち、今は黄金色の輝きで以て周囲の緑を圧倒している。私の真ん中に立って腕組みをしているのは、出来のわるい案山子ではなく、また、案山子同然の人間でもない。私を作った分別盛りのこの男、時の為政者のいい加減さに懲り懲りしているはずなのに、まだ農業に希望をつないでいる。

男は私の穂をしごいてひと粒を口へ放りこみ、そっと噛み砕く。そして、抜き差しならぬ己れの立場を思い知る。無性に腹が立った彼は、東の空へ向って呪の言葉を浴びせかける。その場限りの答弁を繰り返し、言を左右にすることなど何とも思わず、最後まで鉄面皮を押し通す政治家や官僚、かれら如き鼠輩に気が遠くなるほど長いあいだ従ってきた自身を、彼は深く恥じ入る。あるいは、私をもっときちんと育てなかったことや、あるいはまた、依然として恥を知らね仲間が大勢いることも併せて恥じる。だが、遅過ぎた。

私はさわさわと吹く風の力を借りて、彼にこう言う。恥じるだけなら恥じないほうがましだ、と。すると農夫は足早に立ち去る。そのあとにやってきた少年は、難病に冒された肉体を私に投げ出し、病気故に研ぎ澄まされた精神を私に委ねる。彼は湖の波の力を借りて、米ではない己れを恥じよ、と私に言う。猿ではない己れを恥じよ、と私は言い返す。
(6・21・水)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会