体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』260日目——私は快楽だ。(丸山健二小説連載)

 

私は快楽だ。

木造アパートの一室に煙草の煙と共に充満している、安手の、ほかにどうしようもない快楽だ。亭主を職場の女に奪われて久しいその女は、きょうもまた自分と同じくらい太った男を引っ張りこんでいる。そしてふたりは強引に私をやりとりし、無理矢理私を奪い合い、私にむしゃぶりついて、世路を踏み誤った今を忘れようとしている。しかし、追いかけても追いかけても、私を捉えることはできない。また、いくら躍起になって私に弁解したところで、所詮意味のないことなのだ。

ほどなくふたりは、へとへとになって離れる。女のうわずった声も、男の哮り立ったけものの精神も、そぼ降る雨に吸い取られてしまう。それでもふたりはまだ私に未練を残している。心置きなく語り合ったりしないふたりは、依然言葉を避けている。逢うたびに肥満してゆくこの男女は、私が去ったあとにくるものを恐れるあまり、大皿に盛られた優に五人前を超す量のぎらぎらした焼き飯を肴に、ビールをがぶ呑みする。だがいくら食べても、いくら呑んでも饑い感じは失せず、窓外に聞く雨声が徐々に私を恐怖に変えてゆく。

またしてもふたりは見るのも疎ましい互いの体をかき抱き、失態のつづきを演じ、私を巻きこみながら雨の底へと墜ちてゆく。やがて、傘もささないで小路を歩いて行く少年が吹く、寂し過ぎる口笛によって両者のあいだに間隙が生じ、私は苦痛へと変ってしまう。
(6・17・土)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy