体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』247日目——私は春月だ。(丸山健二小説連載)

 

私は春月だ。

まほろ町一帯に柔らかくて暖かそうな色の光を遍く降り注ぐ、知ったかぶりの春月だ。私は今、草野球の試合に僅少差で勝ち、昂然たる面持ちで帰って行く男たちの背中を照らしている。かれらのからからに渇いた喉から飛び出す高笑いは、うたかた湖を渡り、うつせみ山を越えて、私のところまで届く。

とりわけ九回の裏に逆転の二塁打を放った世一の父の声には、いつになく張りがある。このところ愁色が板につき始めていた彼の顔だが、きょうは見違えるほど晴れやかで、丘のてっぺんにある頭痛の種の家にふと眼がとまっても、決して崩れることはない。これはたぶん、私しか知らないことだろう。まほろ町にはきょう一日厭なことがひとつもなかったのだ。死者も怪我人も出ず、喧嘩も口論もなく、むき出しの嫉妬も悪感情もなく、悪辣な手口も業腹な仕打ちもなかった。また、恋人に裏切られて涙に声を曇らせた者も、行商人に法外な値を吹っかけられた者、仔細があって一時身を隠さなくてはならない者も、無神経なひと言で頑に心を閉ざしてしまった者も、余儀なく義絶した者もいなかった。あしたはともかく、きょうはそうだった。

まほろ町に住む人々は皆、休日のきょう一日、分に応じた暮らしをし、身知らずな考えを持たず、それをよしとして、よく笑った。そんなかれらは今、私を仰いで天命を優しく受けとめ、愚昧に生きる楽しみに気がつく。
(6・4・日)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。