ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菜々緒がディズニーランドで失態、ツイッターで謝罪する事態に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今月23日、モデルでタレントの菜々緒は、自身の公式ブログで「渋滞」と題し、東京ディズニーランドを訪れた様子をアップした。

「何回行っても飽きない 夢の国。」「8:30に花火。綺麗でした」などと綴り、写真4枚とともにディズニーランドで遊んでいる姿を公開した菜々緒だが、その後半、「マックイーンで帰宅しました」と、人気アトラクション=グランドサーキット・レースウェイの前に設置されている『カーズ』のライトニング・マックィーンの上に乗り、おどけている姿があった。

10月末までの期間限定として設置されているライトニング・マックィーンには、ディズニー公式サイト上でも、「ライトニング・マックィーンにはのらないでね」と注意が書かれている。それでも、寝そべるような態勢で右肘を立てて写真に納まる菜々緒は、マックィーンの上に思い切り乗っていたのだ。

すると、ある女性ユーザから「大人としてどうなんですか?」などとツイッターを介して注意を受けた菜々緒は、以下の通りに返答した。

そういう事も言われると思って、子供達は靴のままよじ登らなければならないでしょうが、私はお尻から座った状態で乗らせて頂いて、靴の底は一切触れてません。大人だから登るなと言われたらおしまいですが、大人も子供も楽しめるのが夢の国ですよね?

だが、菜々緒が「お尻から座った状態で……」「靴の底は一切触れてません……」と持論を展開したところで、マックィーンの上に乗っていることに変わりはなく、ネット掲示板上では、「子供だってそんな乗り方しねえよ」「魔法の国でも大人なら節度ある行動をしろよ 自分の家じゃないんだからさ」「タレントやってるとこういうのもアリかなって思っちゃうんだろ」などと苦言を呈する声が相次ぎ寄せられる事態となった。

しかし、その後、別のユーザから、改めて下記のように指摘された菜々緒。

大人も子供も楽しめるようにディズニー側もルールを設けているんだと思いますよ。公式に乗らないでと書いてある以上、それを守ることが前提の楽しさであると思います。
持論を簡単に論破されると、「公式の決まりを見逃してました。申し訳ありませんでした」と詫びたのだった。

【関連記事】
ツイッターでのひと言がきっかけで菜々緒から“全無視”された経緯を暴露
菜々緒「優ちゃん結婚おめでとう。小栗旬は元カレじゃありません!」

【関連リンク】
菜々緒オフィシャルブログ「渋滞」
菜々緒 ツイッター
菜々緒がディズニーランドでの違反行為を注意され逆ギレwwwww

(http://news.livedoor.com/article/detail/6983524/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP