ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『千日の瑠璃』211日目——私はカラマツ林だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私はカラマツ林だ。

まほろ町の北西に広がって野鳥の金甌無欠の王国を築き、うたかた湖の面を萌黄色に染めているカラマツ林だ。植林されたその年に見棄てられてしまった私は、手入れをされないまま苦難の十五年をくぐり抜けた。雪に折られたり、日光不足で枯れたりした枝が、根元付近に累々と横たわり、足の踏み場もないありさまだ。それでも私は年々生長し、百種にのぼる小鳥を繁殖させ、数十種の繊細な野草を育てている。

そして私は今年もまた、芽吹きの美しさであの老夫婦を誘った。「これが春だよ」と元大学教授は言い、「やっぱり春が一番ね」と彼の奥さんが言った。ふたりは目敏くカタクリの花を見つけたが、決して摘み取ったりはせず、ただ眺めていた。それからかれらは、まるで示し合せたかのように追憶に耽った。奥さんは、四十年前の長男を思い返して、寝つきのいい子だった、と言った。彼女の夫は、三十五年前の長女を思い出して、よく笑う子だった、と言った。だが、特に耳新しい話は何もなかった。私は去年の春にも、その前の春にも、寸分変らぬ話を聞いていた。

正午を告げるラジオの時報が、湖を渡って私のところまで届いた。夫妻は回想の重さに堪えられなくなって、私の外へ出た。私の傍らを雑務に追われている鬘をつけた男が通った。しばらくして、振り返ることも先を見ることもしない、青色の好きな少年が訪れた。
(4・29・土)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。