体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』209日目——私は木蓮だ。(丸山健二小説連載)

エンタメ

 

私は木蓮だ。

一本の木に白と紫の両方の花をたくさんつけた、しかしそれにしては少しも目立たない木蓮だ。今、私は珍しく注目を浴びている。カメラを向けられるなんてことは、ここ数十年来一度もなかった。冬のあいだ花を咲かせつづけたシクラメンを休養させるために、私の根元に鉢をそっと置いた娼婦は、《三光鳥》の女将にこう言う。「ここでいっしょに写真を撮りましょうよ」と言い、うたかた湖を背にして置いたカメラのレンズを私の方へ向け、自動シャッターをセットする。

シクラメンの隣りに娼婦が立ち、彼女の脇に女将が並び、そこへ遊びにやってきた少年世一がふたりの前にしゃがむ。湖面が跳ね返す金色の光は、華やかに装った女の過去や立場といったものを見事に消し去り、しかも少年の病の進行を妨げている。娼婦は世一のほとんど肉らしい肉がついていない肩に手を置いて、「じっとしていられないの。ぶれてしまうじゃないのさ」と言って笑う。すると女将が、「この子にそんなことを言っても無理よ」と言って笑う。そして世一は、ただわけもなく可笑しくて笑う。皆につられて、当分のあいだ花をつけないシクラメンが笑い、満開の私も笑う。私たちは幸福に浸っている。シャッターが切られるまでのあいだに私たちは春の光の公平な裁きを受け、全員揃って無実を勝ち取り、カシャツという音に合せていっぺんに解き放たれ、あとは歓談に時を忘れる。
(4・27・木)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会