体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』199日目——私は飛行船だ。(丸山健二小説連載)

 

私は飛行船だ。

宣伝広告のために製作されて、主要都市を中心に飛び回っている、小型の飛行船だ。飛行計画に無理があったのか、それとも操縦士の腕がまだ未熟のせいか、私は大きくコースを外れてしまった。そして人魂の形をした山上湖の真上に差し掛かったとき、ガスが洩れたというわけでもないのに、高度がぐんぐん下がり始めたりだ。たぶん、山と谷が造った下降気流のなかへ突っこんだのだろう。

私に気づいた田舎町の人々は、諸声にこう叫んだ。「見ろ、UFOだ!」と。それから私は湖面すれすれに飛んで横風をくらい、ふたたび高い山の方へ引き寄せられると、やっと上昇気流をつかまえて高度を上げた。寂然とした山寺から、若い僧が飛び出してきた。彼は私を仰ぎ見ているうちに、愕然たる面持ちで、肩を落とした。地べたを這いずって生きる者である限り、真の悟りは開けない、とそんな思いでも強くしたのだろうか。

また、万物を魅する魔力で私を呼び寄せたオオルリは、私がその家の屋根に触れんばかりに通過する際に、こんな質問をだしぬけに浴びせてきた。どうしておまえ自身のために飛ぼうとしないのか、とそう訊いてきたのだ。私は言い返した。籠の鳥なんぞにいちいちそんなことを言われる筋合いはない、と言ってやった。それから私は正しい気流に乗ることができ、自動操舵の機器に従って、おかしな理屈をこねる必要のない土地へと向った。
(4・17・月)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。