体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』190日目——私は蟻だ。(丸山健二小説連載)

 

私は蟻だ。

どこでどう道を間違えたのか、いつの間にか貸しボート屋のおやじの禿げ頭によじ登ってしまった蟻だ。けれども私はうろたえたりしなかった。こうした場合、へたに動かないほうがいいことをよく知っていたからだ。今時の若い者だったらおそらくこれほど落着いてはいられず、一撃のもとに叩き潰されていただろう。こう見えても私は世間師だった。

さいわいなことに、おやじは眠っていた。白鳥が帰ってすることがなくなった彼は、日がな一日湖畔のベンチに坐って、うつらうつらしていた。長いこと激務に堪えてきた私は彼に倣うことにした。少しは休むべきだと思った。滑り易い頭皮を通して、慌てず騒がず過した彼の数十年が私に伝わってきた。病弱のために生死の境を幾度となく彷徨し、神前にひれ伏すしかすべのなかった彼ではあったが、しかしそれにしては厭世の脳波がほとんど感じられなかった。現在の彼には気迷いが生ずることはなく、人の世を頻りに訝ることも、憂き身を託つことも、不快な相手を口を極めて罵ることも、己れの孤独の深さに気づいて顔色を失うこともなかった。

私は彼の頭のてっぺんから遠く沖を見晴らし、風にそよいで光る柳の若葉にうっとりと見とれた。湖面では数珠繋ぎにされたボートがうねりに合せて揺れていた。そして地面では、あくせく働く私の仲間が、真っすぐに歩けない少年によって次々に踏み殺されていた。
(4・8・土)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。