体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』181日目——私はピアノだ。(丸山健二小説連載)

 

私はピアノだ。

地元の造り酒屋が儲け過ぎという蔭口を少しでも和らげようと、まほろ町の中学校へ寄贈したグランド型のピアノだ。新学期を間近に控えたきょう、新任の音楽の教師が私のところへ挨拶にやってきた。彼はまず調律が正しいかどうかを確かめ、まったく狂いがないとわかると大いに気をよくして、山国の春にふさわしい曲ばかり次々に弾き始めた。大した演奏家だった。少なくとも私の知る限りでは、彼の腕が最もたしかだった。だからといって、田舎教師にしておくのが惜しいと思えるほどではなかった。

この春まはろ町へ引っ越してきた彼は、中央と地方のあまりの差異に驚き、早くも落胆して、すっかりやる気をなくしていた。それでも、所在なさを紛らわすには打ってつけの私に出会えたことで、いくらか元気を取り戻したようだ。私さえいてくれたら当分のあいだは堪えられそうだ、と彼は言ってくれた。それは私にしても同じことだった。彼の心中を波み取った私は、窓の向うで銀色に輝くうたかた湖の光や、花畑を返して施肥をする園芸部の女子生徒の笑いさざめく声や、優劣をつけ難い野鳥のさえずりという春には不可欠な、心が蕩ける調べをふんだんにあしらった。

だが、ぴかぴかに磨きこまれた私の表面に突然映し出された少年が、すべての音を乱してしまった。「あっ」と小さく叫んだ教師は、棹立ちになった馬のような姿勢をいつまでも保った。
(3・30・木)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会