ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『千日の瑠璃』162日目——私は焦燥だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は焦燥だ。

またしても世一の姉を苦しめ、彼女をあられもない振る舞いに駆り立てている焦燥だ。覆る寸前の小舟のように不安定な彼女は、私の意のままに操られている。彼女は、相変らず誰もいない図書館で、四時間もかけて冗長な手紙を書いた。そして、どう書いたところで見え透いてしまう作意が気になり、相手の気持ちを引きつけられないことがはっきりすると、持参した弁当をがつがつと食べ、食べながら、ときおり突拍子もない声を張りあげて、まほろ町の歌を歌った。

それから彼女は、坐っている椅子を独楽のようにぐるぐると回転させた。顔が窓の方へ向くたびに彼女はうたかた湖に忍び寄る春を知り、知るたびに私に振り回された。私が招いた収拾のつかない混乱のせいで、遂に彼女は眼を回し、ひっくり返った。芝居染みた倒れ方をするつもりが失敗してしまい、背中を机の角にいやというほどぶつけ、しばらく息ができず、その直後に始まった激痛に堪えかねて、床の上をごろごろところげ回った。

今や沖天の勢いの私に敵する者はなく、惨めな己れを移ろう花の色に準えてまだ逃げようとする、恋愛小説を教典にしてまだ取り繕おうとする女を、好きなだけ痛めつけることができた。私は彼女に本当のことを言ってやった。「これまでおまえに興味を示した男がひとりでもいるか?」と訊き、「これからだって絶対に現われないからな」と言った。
(3・11・土)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。