ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『千日の瑠璃』154日目——私は乱反射だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は乱反射だ。

うたかた湖の、大気よりも澄んでいる水と急速に融けてゆく氷とが相俟って作る、針をぶちまけたような乱反射だ。私はまだまだ頼りない陽光を気ままに跳ね返し、水天のあいだにたゆとう気体を躍動させ、浮き足立っている白鳥と、白鳥を見物している人々の心をかき乱す。湖岸の街道を行くクルマの運転者たちは、慌ててサングラスやバイザーで眼を覆い、はるか上空を飛ぶ孤高の猛禽は、獲物の影を見失って急いで方向を変える。

そして、雪が融けてぬかった丘の道を下ってくる青尽くめの少年は、あたかも湖面全体がひとつの光源であるかのように錯覚している。春の予言者であり、冬を抹殺したがる者であり、余事については一切関知しない者である私は、住民の心を大いに弾ませ、吹雪の夜の円居が後ろ向きの楽しみでしかないことを教え、このところ低迷していた花屋の売り上げを一挙に倍増し、見るのも厭わしい誰かの逝去をも、きらきらと輝かせてしまう。

天井に映った私を見ながら、眠るが如く寂滅してゆくのは、早年において財をなし、晩年は沈淪の身となった町の名士だ。彼はやおら床の上に起きあがって湖の方へ顔を向け、開きかけている瞳孔いっぱいに私を取りこみ、それから翻然として己れの非を悟る。すると突然病勢が革まり、友人の受けがよかった彼の七十八年は私に跳ねとばされ、少年世一の願ってもないことだという声に包まれる。
(3・3・金)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。