ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『千日の瑠璃』146日目——私は電話ボックスだ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は電話ボックスだ。

人通りの少ない場所にあっても、型が少々古臭くても、まほろ町では最も利用率の高い電話ボックスだ。きょう、あの少年世一が地吹雪に往生して、一時私のところへ避難してきた。私は世一を庇ってやり、世一は私のために口笛でオオルリのさえずりを真似てくれた。そのあと、妻子ある男がやってきて、やはり家庭を持っている女を呼び出そうとした。だが、先方は留守らしく、とうとう誰も電話口に出なかった。ついで、いかれた女子高生が私のなかでけばけばしい服に着替えた。下着まで全部。それから、ぼけても盗癖の直らない老人が、私を便所と間違えそうになった。

うたかた湖の白鳥が眠りに就く頃、一見まともそうな若者が現われた。あまり見掛けない顔だった。彼は受話器を握ったまましばらく考えこんでいたが、やがて急にうずくまってしまい、かなり長いこと深いため息を洩らしていた。およそ一時間余りそうしてから、ようやく彼は遠方の誰かを呼び出した。彼は胸のところにつけている青い鳥のバッジをいじりながら、愚痴をこぼした。堪らなく寂しいと言い、こんな片田舎で一生を終えるわけにはゆかないと言った。気心の知れた相手は、せわしないものの言い方で励ましの言葉を送りつづけ、惚れた女のために頑張れと言った。しかし、何の効果もなかった。小銭が尽きると彼は、膝を抱えて私の底にしゃがみこみ、いつまでも出て行こうとしなかった。
(2・23・木)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。