ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『千日の瑠璃』144日目——私は法律だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は法律だ。

玄武岩を想わせるほど固太りした刑事と、三階建ての黒いビルに巣くう極道者のあいだで、しばしやりとりされる法律だ。かれらは今、ダンプカーの体当たりでひしゃげてしまった扉に代る更に頑丈な扉を挟んで、私を弄んでいる。傍らでは、私のことはもちろん、自分が病人であることすら知らないかもしれぬ少年が、嵩に掛かった命令口調と、傲慢無礼な開けっ放しなものの言い様との激しいぶつかり合いを、鳥の声のように聴いている。

無法者はお定まりの結社の自由を盾にする。それに対抗するために刑事は、駐車違反や立ち小便といった軽犯罪をいちいち論って、私を大上段に振りかざし、こう言って相手を脅す。「四六時中付き纏って身動きできないようにしてやろうか、ええ?」と。やくざ者は電話一本で駆けつけてくれる顧問弁護士について触れ、いつでも受けて立とうではないかと毅然たる態度で言ってのける。

すると刑事はやにわに私を放り出し、口調を和らげ、「どうせならもっとでっかい町で始めたらどうだ」と言い、「よりにもよってこんな田舎町へこなくたっていいだろうが」と言い、猫撫で声で「黙って出て行ってくれや」と言う。だが、ならず者が居住の権利を口にするやいなや、彼はまた私をひっつかんでびゅんびゅん振り回す。物蔭からそっと成り行きを見守ってくれている人々のためにも、私が一体誰の味方かを思い知らせてやらなくてはなるまい。
(2・21・火)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。