ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『千日の瑠璃』138日目——私は鷗だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は鷗だ。

大吹雪の晩に海岸線を見失い、混乱した勢いで大飛行をやってのけ、その挙句に山国へ迷いこんでしまった鷗だ。雪がやみ、風がおさまってようやく水の気配に包まれ、ひと息ついたものの、そこは海ではなくて、ちっぽけな湖だった。そして、仲間に思えた相手は近づいてみると白鳥や鴨だった。かれらは間抜けな私を笑い物にした。さんざん笑ってから、「果たしてここで生きてゆけるのかな」と皮肉な調子で言い、人間にもらった餌をこれ見よがしにぱくついてみせ、私には何ひとつ分けてくれなかった。

魚は氷に閉じこめられていた。岸に沿って一周してみたが、死んだ小魚さえ発見できなかった。いよいよ天運が尽きたと思った私は、むしろさばさばした気分で、雪に押し漬されそうな長い桟橋の突端にとまって、翼を休めた。すると、烏どもが私を殺そうと集まってきた。連中に喰いちぎられる覚悟を決めたとき、松林の奥から、人間にしては些か様子がおかしい、しかし人間以外の何者でもない、不思議な少年が現われた。

少年は烏を追い払ってから手招きをした。いつもなら絶対にしないことだが、餌をもらいたい一心で、私はふらふらと飛んで行き、少年の近くに舞い降りた。ところが、彼は何もくれなかった。むかっ腹を立てた私は、あしざまに言った。「海も知らない田舎者が」と。少年は私に訊いた。「うみって何?」
(2・15・水)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。