ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『千日の瑠璃』135日目——私は望遠鏡だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は望遠鏡だ。

天体と地上の両方に使用できる、普及型の、それ故に飽きられて棄てられてしまった、望遠鏡だ。勤め帰りにごみの山のなかから私を見つけた男は、拾って丘の上の家まで運び上げた。そしてひと晩かけて手入れをし、夜が明けると、新品同様になった私を二階の息子の部屋へ持ちこんだ。彼は、結氷した湖と、氷を割ってもらった狭い水域でくつろぐ色とりどりの水鳥を見た。ついで、年甲斐もなく胸を躍らせながら、四方八方を見渡した。

しかし私をどこへ向けようが、そこにはすでに知っている物があるだけで、また辟易する己れの五十数年間が横たわっているばかりだった。時間の空費ときめつけた彼は、私を息子に譲り、朝酒を呑みに階下へと降りて行った。その少年は、意志に反して動いてしまうわが身に苛立ちを覚えながらも、片方の眼をどうにか私に押し当てることができた。

私が捉えたのは、灰色がどこまでもつづく冬の空間だった。鳥が飛んでいるわけでもなければ、雲が流れているわけでもない、何の変哲もない大気の広がりに過ぎなかった。それでも少年は、「おお、おお」とけもの染みた声をさかんに張りあげ、小躍りして喜んでくれたのだ。傍らの籠の鳥までがつられて鳴き出した。青い鳥の流麗なさえずりと少年の奇声は、私を通して勢いよく飛び出して行ったが、まほろ町の外へ達することはなく、かれらの心の外へはみ出すこともなかった。
(2・12・日)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。