ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『千日の瑠璃』134日目——私は氷だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は氷だ。

十数年ぶりにうたかた湖の隅から隅までをきちんと埋め尽くした、一驚に値する氷だ。これまでの私は、日陰の波の立たないところでいじけていたものだった。ところがこの冬は連日の寒波で俄然勢いづき、白鳥たちの塒を奪うまでに成長した。そうは言っても、まだワカサギの穴釣りやスケートが楽しめるほどの厚さではなかった。《危険》と記された立て札が岸のあちこちにあった。

うたかた湖は、大量の水と、水生動植物の命の気配を秘めたまま、緘黙していた。波音抜きの風の音は少年世一を誘い、丘を下ってきた彼は疑いもしないで、いきなり私の上に飛び乗った。彼は地面とまったく変らぬ調子で大胆に歩き回り、そして、つつうっと滑ってみせたりもした。私はぴしっ、ぴしっという音を発して、警告を与えつづけた。軽過ぎる体はともかく、おまえの重過ぎる魂までは支える自信がない、と言ってやった。

しかし世一は耳を貸そうとせず、更に沖の方へと出て行った。案の定ひび割れが生じ、それはみるみる広がった。けれども世一は無事だった。ずぶ濡れになって心臓麻痺を起こしたり、肺いっぱいに冷水を呑んで窒息したりすることはなかった。冬の新しい遊びにすっかり満足して家へ帰って行く世一に向って、私はふた言呟いた。「おまえという奴はどこまで運のいい奴なんだ」とそう言ってから、小声でこう言った。「どこまで不運な奴なんだ」
(2・11・土)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。