ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

寒風の旅人・モンゴル~北朝鮮 第三夜 【ユーラシアンナイト】

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

壮大なユーラシア大陸をめぐる旅。一度はしてみたい遠くて果てしない旅路……。『ユーラシアンナイト』は、モンゴルから北朝鮮へと向かう旅を数回の連載でお伝えする、動画をメインとするドキュメンタリー記事である。

今回の『ユーラシアンナイト』は “寒風の旅人・モンゴル~北朝鮮” の第三夜として、モンゴルと中国の国境のようすをお伝えする(第一夜 / 第二夜はこちら)。2009年1月3日まで、連日スペシャル連載として掲載する予定だ。ちなみに動画は、ハイビジョン映像でもお楽しみいただける。また、この記事は旅行サイト『4TRAVEL』と、英字ニュースサイト『NEWS MILEAGE CX21.cc』の協力により当編集部が取材し、制作・掲載している。



モンゴルのウランバートルから北京に向かう国際列車は週に2本あり、モンゴルと中国の国境に向かう列車も週に2本ある。一気に北京まで向かうのはとても便利だが、運賃が日本円にして15000円ほどの高額になるため、国境で列車から降りて、ジープやバスを乗り継いで北京に向かうほうが格安になる。よって、取材班は後者のルートで北京へと向かう。

夕方の16:30にウランバートルを出た列車は、翌朝の7:10にモンゴル領の中国国境の町・ザミンウードに到着する。そこから駅で待っているジープに乗り、中国のイミグレーションゲートを越え、二連浩特(エレンホト)という中国の街へと向かう。どのジープに乗ろうと、運賃は50元ほどなので、それ以上の金額を要求された際は別のジープの運転手と交渉したほうがいいだろう。100元を要求する運転手もいるが、もってのほかである。

ちなみに、モンゴルのお金を持っているのなら、ザミンウードか二連浩特で使い切ろう。中国ではモンゴルの金を両替できるところは少ないし、かなり悪いレートで両替されてしまうのでかなりもったいない。モンゴルのお土産を買ったり、飲料水や食べ物を買うといいだろう。
 
 
■関連リンク
モンゴルに関するウワサのまとめ結果をチェックする
 
取材協力:4TRAVEL
提供:NEWS MILEAGE CX21.cc

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。