体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「家があるからヒキこもる!」 自分で自宅を放火し、全焼

top

今年2月6日石川県金沢市泉本町でなんとも理解しがたい事件が起こった。22歳の被告は自宅に放火し、全焼させたとして、住建造物等放火罪に問われ、逮捕され9月10日に裁判員制度の初公判が金沢地裁が行われた。起訴状によると自宅1階廊下に灯油をまき、ガスコンロで新聞紙に火をつけ灯油に引火させ、自宅の木造2階建てを全焼させたとされる。被告は起訴内容を認めており、検察、弁護側共に、被告は犯行時に心神耗弱状態であったとしたとされる。

このニュースを受け、『2ちゃんねる』の反応を一部抜擢。

・その発想は無かったわ
・家を出ればいいだけなんだが、そういう思考ができないんだろうな、 悪いのは俺じゃない、他の何かだ、って思い込んでてさ。
・努力は評価する
・登山家の「そこに山があるから」を彷彿とさせる 。
・こんな前衛的な引きこもりは珍しいな。引きこもりすぎて逆に踏み出してしまった。

やはり筆者と同様、『2ちゃんねる』の住人も驚きを隠せないようだ。

日本に多くいるヒキこもりは日に日に自分の立場や環境に追い詰められ負の悪循環を多く連鎖してしまい、今回のようなとんでもない行動に出るのは少なくない。

ありがちなヒキこもりケースを紹介してみよう。

A男さん(25歳)の場合
A男さんは、まじめで優しく、やや内気な青年です。

小さいときから、両親に反抗することがなく、育てやすい子どもでした。受験勉強も一生懸命取り組んで、志望の大学に合格しました。1、2回生の頃はサークル活動やアルバイトをしていましたが、3回生になってからはそれらを辞めてしまい、6月くらいから大学をポツリポツリと休むようになりました。友人はいましたが深い付き合いはしていませんでしたし、学業も意欲が沸かないためか、学校に行かずに自室でゴロゴロしていることが増えました。

昼すぎまで寝ているため、起きて食事をして動き始めるのは、午後3時くらいからになります。居間でTVやビデオを観たり、自室でゲームをしたり、本を読んだりすることが中心です。そうしながら、「自分はいったい、何をしたいんだろう」「こんな自分を親はどう思っているんだろう」などと、いろいろなことを考えています。

そうこうしながら、4回生になってしまい、就職活動もせずにそのままズルズルと時間が過ぎていきました。親はつい、「アンタ、いったいどうするつもりなの!」とA男さんを責めてしまいます。以来、A男さんは自室にこもり、夜間にひとりで食事をしたりトイレに行ったりする時以外は、姿を見せなくなってしまいました。今では、完全に昼夜逆転して、家族と会話もしない状態が続いています。状況が変わらないままに時間だけがすぎていくので、家族はつい言わなくてもいいことを言ってしまい、本人は自室にこもったり物に当たったりしながら、日々を過ごしています。

※京都府 心の健康の為のサービスガイドから引用。
http://www.pref.kyoto.jp/health/health/health07_a.html

ヒキこもりは病気ではない。辛い労働や何かの壁にぶつかったときに、健康な人でも気分の波や、ちょっとした出来事でヒキこもることがある。何か特定の原因ではないが、個人をとりまく様々な環境が要因となる。ちまたでよく言われる本人の性格や親の育て方が悪いなどの理由からだけで起きるわけではなく、むしろ真面目で努力家な人が格段に多いという統計も出ている。現在ヒキこもってる人数は国の発表によると多く見積もると100万人にものぼるといわれており、10代から30代までと年齢層も幅広い。そのほとんどがどう対処していいかわからず、放置されているケースが多い。稀にそのままでも自分で奮起し回復するケースもあるようだが、めったにない。

ではヒキこもってしまったらどうすればいいのか。一番良いとされるのは専門家への相談だ。しかし、世の中いい人ばかりではない。ヒキこもっているという弱味につけこみ法外な値段の相談料を請求してくる業者もいる、何処に相談すれば安全なのか見分けがつきにくい現状、まずは各市町村に必ずある保健所に相談するのがベストだ。

保健所には精神科医、精神保健福祉相談員、保健師等が応じてくれており、相談は予約制になっているところが多い。相談の電話するのが怖いという人は、手紙やEメールでの対応も行ってくれているところもあるので、そこから社会復帰に向けて一歩を踏み出せるはずだ。

※[画像]Flickr : By benwatts http://www.flickr.com/photos/benwatts/4087289013/

すこやか山田の記事一覧をみる

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。