体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』133日目——私は箒だ。(丸山健二小説連載)

 

私は箒だ。

かなり精力的にまほろ町を回ったにもかかわらず、最後に売れ残ってしまった箒だ。気楽に生きようとする男は、私に言った。「一本だけ担いでうろつくのも何だか照れ臭いな」と言って、結氷したうたかた湖の辺りでひと休みした。彼は、人を騙した疚しさをバネにして、ある種の快感と共に次なる土地へ流れて行くような、そんな男ではなかった。これまで各地を渡り歩いたのに少しも世擦れしていない彼の眼は、岸辺で餌をついばむ白鳥たちをまったく警戒させなかった。

熱い缶コーヒーを飲み干そうと上体をぐっと反らした彼は、真正面の片丘と、その丘のてっぺんにある一軒家に気がついた。ただ気づいただけではなく、そこには何かがある、ほかの家には絶対に無い何かがきっとあると直覚し、行ってみようと思い立った。そして彼は凍てついた坂道を苦労して登り、近くで見ると普通でしかない家の戸口に立った。

彼は呼びかけた。玄関に鍵は掛けられていなかった。しかし生憎留守で、鳥しか返事をしてくれなかった。それでもなぜか彼は、期待以上のいい気分に浸ることができたのだ。彼は私に「お礼におまえをここへ置いてゆくからな」 と言った。願ってもないことだった。彼は雪に足をとられながら丘を下って行った。知らない町しか行かない彼が、ここへふたたび戻ってくることはまずあり得なかった。

夜、家族は皆、不思議そうに私を眺めた。
(2・10・金)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会