体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』127日目——私はバッジだ。(丸山健二小説連載)

エンタメ

 

私はバッジだ。

男のように真っ平な胸を持つ娘のセーターを飾る、青い鳥をかたどった、派手なバッジだ。彼女は私を信頼し切っている。彼女に駆け落ちを決意させたのも、実はこの私だ。まほろ町に住むことも、スーパーマーケットで働くことも、全部私が決めてやった。

職場ではまだ駆け出しの新参者である彼女はきょう、私のことで古参の同僚に呼びとめられた。どんなに厚化粧をしたところで生活の疲れを隠せない先輩は、素顔でも潑剌としている後輩をつかまえて、「それ何ていう鳥?」と訊いた。鳥の名を度忘れした後輩は、「とにかく幸福を招く鳥なんですって」と言った。すると先輩は、小意地のわるそうな、相手を言い籠めるような口調で、「それで幸福になれた?」と訊いた。

「はい」ときっぱり答えた後輩は、親の理不尽な反対や妨害を乗り越えられる男と出逢えたことや、山と湖の町で暮らせるようになったことや、安い家賃の家が借りられたことや、ふたり揃っていい仕事にありつけたことなどを挙げた。先輩は私を手に取ってしげしげと見ながら、「うちにはこの鳥の本物がいるよ」と言い、何もかもを吸い取ろうとするように私を指先で撫で回しながら、「だけどいいことなんかひとつだってないよ」 と言った。後輩は先輩の声の響きの暗さに少しも気がつかず、実物はまだ見たことがないのでぜひ、ときらきらした声で頼みこんだ。
(2・4・土)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会