ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『千日の瑠璃』96日目——私は自動販売機だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は自動販売機だ。

あやまち川を背に、街道を前にしてぽつんと立っている、故障知らずの自動販売機だ。昼間はともかく、こんな夜更けに私を訪ねる奴なんてそうざらにいるものではない。時間の観念やら予定やらを一切持たぬ少年世一が、またやってきた。彼は物知り顔で、私を相手に長々とオオルリの自慢話をしてから、いつものようにポケットを全部裏返しにして小銭を取り出した。どこかの誰かにもらったという高額の紙幣は棄ててしまった。

世一はお気に入りの客だった。しかし私には、彼だけを特別扱いするような力が備わっていなかった。値引きはもちろん、味をよくしてやったり、量を増やしてやったりすることもできなかった。世一が熱いカップラーメンを抱えて暗がりのベンチに坐ったとき、珍客が現われた。私が彼のことを覚えていたのは、剃りあげた頭と墨染めの衣のせいだった。

半年ほど前にもきたことがある若い修行僧は、今回もまた三種類のラーメンを、一滴のスープも残さないで平らげた。それもほんの十分間くらいのあいだに。「ああ、食った、食った」と彼は言い、「これが人間の食い物ってもんだ」と言い、隠して持っていた煙草をすぱすぱと喫った。そして面前の世一に気づいてぎょっとなり、挙措を失い、うつせみ山の禅寺へ通じる坂道をあたふたと引き返して行った。「まだまだ駄目だな」という世一の呟きが月の光に溶けて、僧のあとを追った。
(1・4・水)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。