ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

寒風の旅人・モンゴル~北朝鮮 第二夜 【ユーラシアンナイト】

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

壮大なユーラシア大陸をめぐる旅。一度はしてみたい遠くて果てしない旅路……。『ユーラシアンナイト』は、モンゴルから北朝鮮へと向かう旅を数回の連載でお伝えする、動画をメインとするドキュメンタリー記事である。

今回の『ユーラシアンナイト』は “寒風の旅人・モンゴル~北朝鮮” の第二夜として、モンゴルのウランバートルから中国の国境へと走る国際鉄道列車のようすをお伝えする(第一夜はこちら)。2009年1月3日まで、連日スペシャル連載として掲載する予定だ。ちなみに動画は、ハイビジョン映像でもお楽しみいただける。また、この記事は旅行サイト『4TRAVEL』と、英字ニュースサイト『NEWS MILEAGE CX21.cc』の協力により当編集部が取材し、制作・掲載している。


取材班は、ウランバートルから北朝鮮へと向かうべく、中国の国境へと向かう国際鉄道列車に乗った。モンゴルと中国を結ぶ鉄道列車には、モンゴル製と中国製が存在する。中国製はやや古く、シートもけっこう老朽化しているが、モンゴル製はメンテナンスや掃除を徹底的にしているせいか、けっこう真新しい。

また、モンゴル製の高級車両にはベットにモニターがついており、相撲観戦をすることができる。しかも、NHKの衛星放送もある(録画放送のこともアリ)。モンゴル製になるか中国製になるかは運次第なので、リクエストすることはできない。

ちなみに、国境を越える国際鉄道列車はすべて寝台車両である。また、国内でも長距離の場合は寝台車両となる。シーツや枕カバーなどは、追加料金を車両内で払えば、レンタルしてもらうことができるので、清潔好きの方はレンタルして損はないが、標準のフトンが汚いわけではなく必ず必要というわけでもない。
 
 
取材協力:4TRAVEL
提供:NEWS MILEAGE CX21.cc

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。