ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『千日の瑠璃』55日目——私はヘッドライトだ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私はヘッドライトだ。

うわベはぽんこつ車でも、実はフルチューニングされた改造車のヘッドライトだ。私は強烈な光と凄じい速度で夜や分別を切り裂き、静まり返り体裁振ったまほろ町に痛烈な駁論を加える。そして私は、だしぬけに飛び出して路上の真ん中にうずくまってしまう猫を、タクシーと間違えて手を振って近づいてくる酔っ払いを、どこかに棄てるべく闇に乗じて犬の死骸を運んでいる父と子を、生乾きの女物の下着を勝手に取りこんでいる男を、性別すらわからなくなるほど老いた芸者を、また、このクルマをせかせかと操っている年配の男の悲劇をも、くっきりと照らし出す。

娘が首を括って以来屏息し、日に幾度となく机に突っ伏して泣く男は、歳にまったく似合わないクルマをあり金はたいて手に入れたのだ。彼は標識も信号も無視して飛ばしつづけ、一度もブレーキを掛けることなく、派手に後輪を滑らせて危険な角を曲り、曲るたびに現われては消え、消えては現われる、松の枝にぶら下がった娘の幻に向って、無茶な体当たりを敢行する。それも瞑目しながらだ。

やがて私は、こっちへぐんぐん迫ってくるうたかた湖のさざ波を照らしながら、最期の瞬間を覚倍する。彼は本気でやるつもりだ。漕ぎ手のいない古いボートが岸の方へ近づいている。そのとき、どこか烏に似た少年が前方を過る。急ブレーキが辛うじて間に合う。おかげで私は湖底を照らさずにすんだ。
(11・24・木)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。