ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

服を何kg買いますか? 新しいコンセプトのショッピング

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


普段のショッピングだったら、どんな服がほしいとか、ブランドとか気にして、それによって値段が付きますよね。パリでは、20年の歴史を持つ、『キロショップ』と言うトレンドが、今、注目されています。
『キロショップ(http://kilo-shop.fr/)』という店で新しいショッピングの仕方ができます。
どんなコンセプトなの?

この店では、服の種類によって「○○kg=○○ユーロ」という値段が付きます。シルクのシャツが普通のセーターより安く買えてしまいます! 古着、ビンテージ、アクセサリー何でも重さで値段が決まります。

「選んで、計って、持って帰る」が、『キロショップ』のスローガンです。値段は普通の店よりずっと安くなるし、落ち込んでる時とか、セールを待たなくてよくて、服を何キロも持って帰ることができます。パリにある500㎡の2階建ての店では、10万点の商品が陳列されています。

フランスでもすごく特別なコンセプトで、とても新鮮なショッピングの仕方です。だって、服をキロで買うなんて、今までになかったことです。
値段はタグの色で決まっています。緑と赤の2種類のタグがあって、緑のタグは1Kg=35ユーロ(今円高なので3500円)、赤のタグは1Kg=20ユーロ、なかなか良いショッピングができると思います。

フランスのパリで面白い古着屋さんを探してたら、行ってみて損はしないと思います。

KILO SHOP LE MARAIS
69-71 rue de la verrerie
75004 Paris

※画像はKiloShopの公式サイトより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「千夜(.SeNYa)」が執筆しました。[リンク]

千夜(.SeNYa)の記事一覧をみる ▶

記者:

フランスのニースに住んでいるフランス人。

TwitterID: @SEnNoYoRuSeNYa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP