ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

IFA 2012 : Lenovo、Androidタブレット新モデル『IdeaTab S2110』、『IdeaTab A2109』、『IdeaTab A2107』を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米Lenovoは8月30日、ドイツ・ベルリンで世界最大規模の家電見本市『IFA 2012』が8月31日に開幕するのに先立ち、同社のタブレット製品『IdeaTab』の新モデル『IdeaTab S2110』、『IdeaTab A2107』、『IdeaTab A2107』を正式に発表しました。3機種とも薄型デザインで、Android 4.0(ICS)を搭載したタブレットです。

『IdeaTab S2110』(上図)は、10.1インチWXGA解像度のIPS液晶、Qualcomm Snapdragon S4 APQ8060A 1.5GHzデュアルコアプロセッサを搭載した端末。『ASUS Transformer Pad』と同じく、製品付属、あるいは別売提供のキーボードドックに接続すると、ノートPCとして利用できるところが特徴となっています。タブレットの厚さは8.69mmで、質量は580g。『IdeaTab S2110』はすでに米国では販売されています。価格は、タブレット単体・16GBモデルで$399、単体・32GBモデルで$429。キーボードドックのセットモデルはそれぞれプラス$100で販売されています。

『IdeaTab A2109』は、9インチWXGA解像度のIPS液晶、クアッドコアのTegra 3(マルチコア最大1.2GHz駆動)を搭載した端末。結構ハイスペックな端末ですが、価格は16GBモデルで$299と低く設定されています。米国では、『Best Buy』など一部のショップですでに販売されています。価格は16GBモデルで$299。

『IdeaTab A2107』は、7インチWSVGA解像度のIPS液晶、Cortex A9 1GHzシングルコアCPU(MT6575)を搭載した小型エントリーモデル。Wi-Fi OnlyモデルとWi-Fi+3Gモデルが販売される予定です。発売時期は年内となっています。
Source : Lenovo



(juggly.cn)記事関連リンク
IFA 2012 : Sony Mobile、Xperia SmartTags新色やNFC対応のワイヤレススピーカーなど複数のスマートフォン向けアクセサリーを発表
ZTE、Intel製プロセッサを搭載したAndroidスマートフォン「ZTE Grand X IN」を発表、9月に欧州で発売
Xperia Tablet S専用アクセサリー・周辺機器

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。