ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

叩いてもひっかいてもOK!iPhone液晶を保護するスクリーンプロテクター【イケショップのレア物】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
叩いてもひっかいてもOK!iPhone液晶を保護するスクリーンプロテクター【イケショップのレア物】

今回の商品だが、冒頭の写真を見てもらえばわかるので小難しい説明は不要だろう。今回紹介するのは、傷つきやすく繊細なiPhone 4/4Sの液晶&タッチスクリーンを保護してくれる商品『iPhoneスクリーンプロテクター 「Battle Shield」』だ。

スマホは液晶部分がタッチスクリーンになっており液晶画面を見ながら、指でスクリーンを操作するというのが基本だ。タッチスクリーンはスマホにとって生命線と言える重要な部分である。このタッチスクリーン部分には、いろいろなノウハウが含まれている。

タッチの感度が悪ければ操作性が犠牲になってしまうし、感度を上げるためにスクリーン面をなるべく薄くしようとすると、ちょっとした衝撃に弱くなってしまうこともある。感度を上げるためとはいえ、何かにぶつけてしまって、蜘蛛の巣状に細かいヒビの入ったタッチスクリーンを見たことがあるだろう。

iPhone 4/4Sがこうした状態になってしまい液晶修理を保証期間後にアップルに出すとなると、何と数万円の出費になってしまう。あまりの高額のためスクリーンを修理してくれる業者が多く存在している。相場的には1万円弱で修理してくれるようだ。

そんな傷つきやすいスクリーンという弱点を持つiPhone 4/4Sのために多くの液晶保護フィルムが販売されているわけだが、iPhoneユーザーの中には既存の薄い液晶保護フィルムでは頼りないという人もいるだろう。

種類の豊富な液晶保護フィルムは魅力だが、勤務先から配布されている営業ツールの入った業務用iPhone 4/4Sや、顧客へのサービスとして貸し出すiPhoneなどは、ビジネス利用という観点から画面が保護されず裸のまま使われることも多い。iPhoneを使っているビジネスパーソンを電車の中でよく見かけるが、裸の状態で使っていることが多い。

このような状況下でiPhoneの画面を保護したい場合に今回の商品はオススメだ。また「ヤワな保護フィルムなんて俺は使わね~んだってばよ!」と見栄を張りたい人にもオススメできる。

ただし、iPhoneの裏面や落下時などの横方向からの衝撃は防げないため、落下の心配のある人は、頑丈なケースやバンパーとの併用がベストであろう。

■単に貼るだけでiPhone 4/4Sのタッチスクリーンを強力に保護
この製品、使い方は簡単だ。まずiPhone 4/4Sの表面(タッチスクリーンやホームボタン等含めた全体)を綺麗にする。特にホームボタン周囲やスクリーン上の油汚れや指紋等はきれいにふき取ること。それが完了したた、あとはスクリーンプロテクターを貼り付けるだけだ。スクリーンの厚さは0.75ミリなので貼り付けた後も違和感は感じない。

また、iPhone 4/4Sの表面にぴったり収まるようになっているので、ズレないように慎重に作業しよう。なおスクリーンプロテクターはiPhoneの色に合わせて黒と白が用意される。

叩いてもひっかいてもOK!iPhone液晶を保護するスクリーンプロテクター【イケショップのレア物】ずれないように位置を合わせて慎重に貼り付ける。※こちらはiPhone 4/4Sの白用 叩いてもひっかいてもOK!iPhone液晶を保護するスクリーンプロテクター【イケショップのレア物】貼り付けた状態だが違和感なく収まるようになっている。 叩いてもひっかいてもOK!iPhone液晶を保護するスクリーンプロテクター【イケショップのレア物】貼り付けた状態でもタッチ操作感が悪くなることはない。 叩いてもひっかいてもOK!iPhone液晶を保護するスクリーンプロテクター【イケショップのレア物】さらにノングレアの液晶カバーシール(別売)を重ね貼りすることも可能。

■その保護性能は伊達じゃない!
貼ってみたのはいいが、実際にどの程度の保護性能を持っているかを確認するために、いろんなものでひっかいたり、叩いてみたりしたが、ビクともしないのだ。さらに強めにと、さすがにこれだけやれば傷がついてもおかしくない程度と思える程度まで強く引っかいたりして、叩いたつもりだが、壊れそうな気配がないのだ。これは新鮮な驚きである。この様子は動画にしているので参考にしてもらいたい。

(http://news.livedoor.com/article/detail/6906648/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。