ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

堀北真希 朝ドラ撮影過酷すぎて「はい」「いいえ」しか言えず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』がクランクアップした。主演の堀北真希(23才)の10か月間は、極めて過酷なものだった。

「月曜日はスタジオで1週間分のリハーサル。火曜日から金曜日がスタジオ収録。土日にはロケがあったり、番組宣伝の取材やイベント参加があったりで、ほぼ休みがない状態でした」(NHK関係者)

 あまりに過酷な生活の連続に、堀北のストレスはやがて限界に達する。収録も折り返し点を過ぎた4月ごろからは、周囲の目にも“異変”が明らかになっていった。

「ドラマに関する雑誌のインタビューでも、いつもならひとつひとつの質問に丁寧に答える彼女が、ちょっとぶっきらぼうな感じで“はい”“いいえ”とだけしか答えなかったり。スタッフが慌てて“すみません、ちょっと今日は体調が悪くて…”とフォローすることもあったようです」(別のNHK関係者)

 家での過ごし方を聞かれた際には、「読まなくてはいけない台本がありすぎて、好きな読書をする時間がない」と不機嫌そうに答えたことさえあったという。朝ドラの台本は1か月で4~5冊、半年の放送期間で30冊ほどの台本を覚えなければならず、このコメントは堀北がつい口にしてしまった本音だったのだろう。

「あれほど仲のよかった共演者ともあまり話をしなくなり、撮影の合間にも、人の輪に入らずに1人で休んでいることが多くなっていったんです」(前出・NHK関係者)

 ヒロインの“変調”に、現場にはピリピリムードが漂い、「このまま体や心を壊したらどうしよう」と心配する声もあがっていたという。

 極限状態にあった堀北を支えたのが、劇中の医学専門学校同期生、お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子(30才)、黒川智花(23才)、西原亜希(25才)、徳永えり(24才)の4人の仲間たちだった。

「5人でNHKの食堂にお昼ご飯を食べに行き、いろんな悩みを相談し合ったみたいです。とくに白鳥さんは堀北さんと仲がよくて、彼女が悩んでいる時期には、2人だけで食堂に行って話したことも。いつもは、女優経験のない白鳥さんが演技について相談する側なんですが、このときはひたすら堀北さんの愚痴を聞いてあげていたようです」(前出・NHK関係者)

 また堀北の側には、“仲間”だけではなく“家族”もいた。

「撮影中に父親役の高橋克実さん(51才)が、“キャリアが増すごとに髪の毛が減っていきました”と、自分のハゲ頭をネタにして現場の空気をなごませたり、姉役のミムラさん(28才)は堀北さんに疲労回復効果のある食事を教えてあげたりしていましたよ」(前出・NHK関係者)

 おかげで堀北は「今がいちばん大変な時期。もうひと踏ん張りしよう」と気分を新たに立ち直ることができたのだという。

※女性セブン2012年9月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
朝ドラで多忙の堀北真希 メガネと帽子で変装し映画で息抜き
堀北も苦労の朝ドラ過酷現場 宮崎あおいは過去にトラブルも
「美人すぎるゴルファー」「巨乳プロ」ツアー出場権逃す

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP