ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

最新PLC規格は最大240Mbps! アイ・オー・データ機器より第3世代HD-PLCアダプター

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
最新PLC規格は最大240Mbps! アイ・オー・データ機器より第3世代HD-PLCアダプター

電気の屋内配線をLANケーブル代わりに利用しLAN環境を構築できるPLC(Power Line Communication)、いわゆるコンセントLAN規格。無線LANが届かなかったり、LANケーブルの配線工事がしにくくい場合に電源コンセントが来ていればLANを構築できるというので一定の需要がある製品である。そうはいっても最近ではスマホの台頭によって有線LANをあえて自宅で構築するなんていう人は少なくなってきたのではないだろうか。

スマホでもdocomoのLTEであるXi(クロッシー)といった高速規格があるわけで、さたにパケット定額に加入していれば、一定額を払うだけでLTEでのテザリングが可能だったりする。UQ WiMAXなどはコンパクトなルーターをリリースしており、家庭内でも外でも持ち歩くことでいつでもネットに接続できる環境を構築することができる。

とまあ最新のPCやスマホを持っている人であれば、前述したようなスマートなネット環境を満喫すればいいが、多少古いPCを現役で使っている人にとっては、USBが1.0なので無線LANアダプタを接続しても、最大12Mbpsしか出ないなんてケースもある。ギガビットイーサが当たり前の現在でも、古いPCでの高速なLANは100BASE-TXだけだったりするわけだ。無線LANアダプターは低速、かといってLAN配線の取り回し工事もできないとなったときにおススメしたいのがアイ・オー・データ機器の第3世代HD-PLCアダプター「PLC-HP240EAシリーズ」だ。

この製品、まず第3世代HD-PLCアダプターとして世界初であること、そして理論上の最大通信速度が240Mbpsであること、さらに耐ノイズ性能を向上させたことによって通信速度の高速化・安定性がしっかり確保されていることと、3つも注目ポイントのある製品なのだ。また、実際の実効速度は90Mbps前後といったところらしいが、それだけ出ているのであれば、100Mbpsのフレッツ光や47MbpsのADSL環境に十分適した速度と言える。

しかも万が一PLCネットワーク接続ができなかった場合、購入代金を丸々返金してくれる「ペイバックシステム」を採用しているので、安心して試すことができる。さらに「ひかりTV動作確認済み」なので、インターネット対応テレビの接続も可能だ。

◆製品情報
メーカー:アイ・オー・データ機器
製品名:マスターアダプター&ターミナルアダプターセット
型番:PLC-HP240EA-S
発売時期:9月上旬
価格:1万3千600円

PLC-HP240EA-Sシリーズ
アイ・オー・データ機器

ITライフハック
ITライフハック Twitter

アイ・オー・データ機器の記事をもっと見る

(http://news.livedoor.com/article/detail/6903974/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。