ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大惨事と赤っ恥 米国の泥酔男がやらかしたことのすべてとは

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

このようなニュースを耳にすると、お酒は程好く楽しむべきと思うはずだ。泥酔状態であれば、誰しもが愚かな行いをするものだが、米国メリーランド州デルマーでジョシュア・D・シェルトン(21歳)が犯した行為は度が過ぎている。なんと7万羽もの鶏を死なせたのだから。

酩酊状態だったシェルトンは、すぐ近所の鶏舎に入り込み、運悪くブレーカーを落としてしまったとのこと。その結果、約7万羽の鶏は餌や水を与えられず、ほとんどが死ぬという最悪の結果に。

泥酔男の大迷惑はまだ終わらない。発見時はTシャツとボクサーパンツを着ただけの格好で、おもらしの海で寝ていたそうだ。そんな彼は複数の罪で訴えられており、警察に拘留されているとのこと。おもらしはともかく、留置所の中で酔っ払うことはないはずだ。

今回の事件は、訳が分からなくなるまで酔い潰れると、とんでもないことを引き起こしてしまいかねないことを教えてくれる。もう少し開放的な季節は続くが、アルコールが好きな方は、ハメを外し過ぎないようにお気をつけあれ。

画像: 泥酔男のトンデモ事件を伝える、米国『NBCNEWS』のウェブサイトより
http://usnews.nbcnews.com/_news/2012/08/28/13531163-sheriff-drunken-man-turns-off-power-on-poultry-farm-causes-death-of-70000-chickens?lite

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。