体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

蘇れ青春!俺のオリジナル編集MDをスマホで聞いてくれ計画

蘇れ青春!俺のオリジナル編集MDをスマホで聞いてくれ計画

※画面は、はめこみ合成

現代ライフスタイルには、音楽は欠かせないものとなっている。家庭やオフィス、通勤・通学、旅行、ドライブなど、今や生活のあらゆるところに音楽がある。

今では楽曲はネットで購入してスマートフォンや音楽プレーヤーで聞くというスタイルが主流となっているが、ここに至るまでの音楽の楽しみ方は様々に変化してきた。

アナログ時代はレコードからはじまり、当時はカセットテープに録音して家の中で音楽を聴くものだった。世界を席巻した伝説のウォークマンの登場により、音楽は家の中で聞くモノからどこでも聞けるものになった。その後、デジタル化によりCDが登場し、さらにCDからデジタル録音できるMDの登場は、高音質で便利な音楽スタイルが実現し、音楽は生活になくてはならないものとなった。

レコード、カセットテープ、CD、MD時代を通して、常に音楽好きをホットにさせてきたのが、「オリジナル編集テープ()」だ。聞くシーンや相手にあわせて選曲し、極上のテープやMDをつくれれば、当時は人気や尊敬のまなざしを獲得できたものだ。

当時は、人気のオリジナル編集テープやMDは、友人や恋人と繋がるツールでもあり、自分を誇るステータスでもあった。そんな思い出が詰まっているからか、自分オリジナルのテープやMDをいまでも棄てられずにもっている人も少なくない。かくいう筆者もその一人だ。

最近、部屋を整理していて、そうした昔作った懐かしいMDディスクを大量に発掘してしまった。その数300枚以上。このMDを今使っているスマートフォンでも聞きたいなど、つい思ってしまったのが運のつきだ。

日が経つにつれ、「甘酸っぱくも、ほろ苦い青春時代」をスマートフォンで聞きたいという思いはさらに募り、なにかいいツールはないかと、アイ・オー・データ機器のサイトで探してしまった。
そこで見つけたのが、USB接続でできるオーディオキャプチャー「AD-USB」だ。

この「AD-USB」は、USBケーブル1本をMDやDAT、カセットテープ、レコードなどのプレイヤーに繋ぐだけで、簡単にデジタルデータ変換してくれるツールだ。

今回は、「蘇れ青春!俺のオリジナル編集MDをスマホで聞いてくれ計画」だ。

■ウォークマンが変えたアナログ時代の音楽生活
家庭や個人での音楽視聴・再生の始まりは、アナログレコードだ。ジャケットのアートにもこだわる人も多い。またアナログレコードには、可聴範囲外の音をカットされているCDにはない味わいや音質があると、未だに大切に保管して視聴してるマニアも多い。
蘇れ青春!俺のオリジナル編集MDをスマホで聞いてくれ計画音楽試聴の原点でもあるレコード・プレイヤー
そんなアナログ時代に活躍したのがカセットテープだ。カセットテープは磁気テープに音楽を記録することができたので、カセットデッキを使って好きな曲を選曲してオリジナル音楽テープを作成したものだ。

今のデジタル音楽のようにランダムアクセスもできないので、曲の頭出しや録音には楽曲時間と同じ時間がかかるなど、オリジナル選曲のテープをつくるには、かなりの時間と忍耐が必要だった。

そんな中、ソニーから登場した小型プレーヤー「ウォークマン」は、当時の音楽シーンを劇的に変えた。音楽を家庭で聞くモノから、屋外で聞くモノ、自分個人で聞けるものに変えたのだ。

■テープからディスクへ デジタル時代到来
ウォークマンの次に音楽シーンを大きくかえたのが、CDによるデジタル時代の到来だ。
それまで高級オーディオを用意しないと得られなかった高音質がCDの登場でだれでも安価に手に入るようになった。また、瞬時に頭出しができるランダムアクセスにより、音楽をより速く、沢山聞けるようになった。

録音メディアもデジタル化に対応し、テープではないMDディスクが登場した。曲の頭出しや巻き戻しが必要だったテープに比べ、高音質で録音できて一瞬で頭出しできる小さくて薄いMDは、あっという間に普及して、「オリジナル編集」のメインメディアとなった。

当時、スペックや仕様では音質はどのディスクでも同じはずなのだが、ディスクのグレード・品質で音質が違ったり、プレーヤーの性能で音質が違ったりと、録音にもこだわるユーザーも多かった。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会