ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」にOSバージョンアップのソフトウェア更新を28日から提供開始!Android 4.0(IceCreamSandwich)に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01DがAndroid 4.0に!
既報の通り、NTTドコモは24日、次世代高速データ通信規格LTEによるサービス「Xi(クロッシィ)」に対応した10.1インチサイズAndroidタブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」(サムスン電子製)において新しいプラットフォームである「Android 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS )」にOSバージョンアップすることを含めたソフトウェア更新の提供を行うことを発表していたが、予定通り28日から開始した。

同社では、機能追加のほかにも品質改善に関する内容を含むため、必ず最新バージョンへのアップデートをするよう告知して呼びかけている。

今回の更新ではOSバージョンアップを含め主に以下の4点の機能改善および追加と、1点の不具合修正が行われます。GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01Dのソフトウェア更新は4回目で、更新期間は2015年8月31日まで。

更新にかかる時間は端末本体による方法で約30分(「HONEYCOMB.SC01DOMLC3」から更新を行った場合の所要時間)、パソコン接続による方法で約45分となっています。パソコン接続による方法では1回の更新で最新のバージョンにすることができますが、ユーザーの利用環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なります。

※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

主なアップデート内容
(1) Android 4.0に対応
 ・顔認証で画面ロックが解除できる「フェイスアンロック」機能に対応します。
 ・「Google+」、「メッセンジャー」、「Playムービー」アプリが追加されます。
(2) 機能の向上
 ・独自の「Mini Apps」に3種類アプリが追加され、ミニアプリ一覧の変更/削除ができるようになります。
(3) 操作性の向上
 ・ショートカットやアプリをロングタッチ後、ドラッグ&ドロップ操作で簡単にフォルダが作成できます。
 ・最近使ったアプリ画面で一覧から削除したいアプリを左右にフリックすることで簡単に削除できます。
(4) アプリケーションの追加
 ・スケジューラーアプリ「Sプランナー」が追加されます。

「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」OSバージョンアップ詳細 (PDF形式:1,448KB)

改善される事象
・ブラウザで特定のWEBページを閲覧している際に、前の画面に戻ろうとするとエラー画面が表示される場合がある。

02

ソフトウェア更新は、本体のみでパケット通信で行う方法と、パソコンにUSBケーブルで接続して行う方法が用意されています。操作手順は、それぞれ「端末本体による操作手順 | お客様サポート | NTTドコモ」および「パソコン接続による操作手順 | お客様サポート | NTTドコモ」を参照してください。

また、本体のみで更新をする場合には、自動更新に非対応となっていますので、手動でホーム画面でメニューを押して、設定の端末情報から更新を行います。パソコンを用いて更新する場合は、事前にパソコンにサムスン電子製のユーティリティーソフト「Samsung Kies」をダウンロードして、インストールしておく必要があります。

この更新で、ビルド番号が「HONEYCOMB.SC01DOMKJ2」および「HONEYCOMB.SC01DOMKJ7」、「HONEYCOMB.SC01DOMLB7」、「HONEYCOMB.SC01DOMLC3」(バージョンアップ前)から「IMM76D.OMLPH」(バージョンアップ後)になるとのことです。ビルド番号は、ホーム画面で端末左下の「メニューボタン」⇒「設定」⇒「端末情報」⇒「ビルド番号」から確認できます。

ソフトウェア更新を行う際には、以下の点に注意してください。

・ソフトウェア更新はお客様の責任において行ってください。
・端末本体による方法では、お客様の端末のビルド番号によっては、一度のソフトウェア更新では最新版に更新できない場合があります。端末の画面にしたがって繰り返しソフトウェア更新を実施してください。
・パソコン接続による方法で、「Samsung Kies」を利用して更新される場合は、すべてバージョンの端末で、一度の更新で最新版に更新できます。
・端末本体による更新では、Wi-Fi接続にてソフトウェア更新を実施するとパケット通信料は発生いたしませんが、ドコモの通信回線を使用するとパケット通信料がかかります。
・端末本体による方法では、内蔵メモリに十分な空き容量(最大50MB)が必要です。
・ソフトウェア更新はFOMA端末に保存されているデータを残したまま行うことができますがお客様のFOMA端末の状態によってはデータの保存ができない場合があります。万が一のトラブルに備え、FOMA端末内のお客様情報やデータはバックアップを取っていただくようお願いいたします。ただし、一部バックアップが取れないデータがあります。
・電池残量が十分にある状態(フル充電)で行ってください。
・ソフトウェア更新中は絶対に電池パックをはずさないでください。故障の原因となる場合があります。
・ソフトウェア更新(ダウンロード、更新ファイルのインストール)には時間がかかる場合があります。
・ソフトウェア更新中は、電話の発着信を含めすべての機能を利用できません。
・ソフトウェア更新に失敗するなどして一切の操作ができなくなった場合は、お手数ですがドコモ指定の故障取扱窓口までご相談ください。

記事執筆:S-MAX編集部

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D 特集 – S-MAX – ライブドアブログ
GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01Dの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

(http://news.livedoor.com/article/detail/6899867/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。