ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もし実家の物置から大量の“キン消し”が出てきたら……

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

三十代のおじさんたちが、子どものころ夢中になったものといえば、キン肉マン消しゴム(キン消し)、ビックリマン、ファミコン、カードダスなど色々とあったと思います。ガチャガチャをしてみるもののダブりに発狂したり、せっかくいいのが出ても、たまたま近くにいた大きいお兄さんに無理やりナチグロンと交換させられたり、オマケだけを抜き取りチョコやアイスだけゴミ箱に捨てたり、土下座してヘッドシールと交換してみてもらったものの裏面にロッチと書いてあたり、ファミコンをワゴンセールで購入し、そのまま中古屋に流して小遣いを稼ぐなど、子ども社会のなかで色々な事件を巻き起こしてくれました。

そんな思い出の品々が、もしかしたら実家の物置に眠っている人も多いのではないでしょうか。かれこれ25年から30年前の代物ですから、もしかしたら、ものすごい値打ちがついているものもあるかも知れません。

早速、オークションサイトや買取サイトで値段を調べてみました

■キン消し

片割れがいなくなると恥ずかしい感じになる“技かけ系”はかなり高めですが、普通のキン消しだと10体ほどが500円~1500円くらいで推移しています。細かいことはわかりませんが、どうやら復刻版のセットがでているようで、それも影響してるのかも知れません。もうしばらく裏山のタイムカプセルに入れたままでも影響はなさそうです。しかしながら、人気が下火になったころに発売された王位争奪戦シリーズは超高額で、1万円くらいから高いものになると8万円のものもあるそうです。

■ビックリマンシール

これは期待できそうです。シールは劣化しますし飽きたと同時に机や冷蔵庫に貼ってしまっている可能性もあります。例外なく私もそうしてきました。こちらはオークションではなく販売サイトがあったので、そちらで調べてみました。

やはり保存状態に大きく影響しているようなので値段にもバラつきがありますが、当時から人気のあった『ヘッドロココ』シリーズが今でもかなり人気があるようです。シリーズの中でいちばん高いのは福袋版の『ヘッドロココ』で2万5000円~、当時から人気のあったフル装備の『ヘッドロココ』は2万円~、通常の『ヘッドロココ』は状態にもよりますが8000円~1万5000円くらいで販売されているようです。ちなみに『ヘラクライスト』や『ブラックゼウス』(18万円)なんかは、それすらはるかに凌駕する値段で取引されているようです。それ以外のヘッドシールについても状態次第で2000円~1万円くらいで販売されているので、大量にお持ちのようなら結構なお小遣いになるかもしれません。
買い取ってもらうお店によっては、シールの種類にもよりますが少しの劣化で10倍以上買取価格が変わってくることもあるようです。こればかりはどうにもなりませんので、タイムカプセルに入れてしまった人は諦めたほうが良さそうです。あと注意事項としては、アイスとチョコなど出所によって価格も違うので、物置から『ヘッドロココ』10枚見つかったからといって絶対に油断しないでください。

■ファミコンソフト

これについては、当時“おもちゃ”としては高額だったために、親の言いつけで裏側に“ゆうすけ”などと名前を書いてしまった方もいらっしゃるのではないかと思います。

・スーパーマリオブラザーズ:2万円
・ロックマン1万5000円~2万円
・バトルフォーミュラ8万円

ほか100万円なんてケタ違いのものまでありますが、超限定生産品になり現実的ではないので除外します。

これを見て「家にあるかも!!」と喜びいさんだ方や、「先日捨てちゃった!!」と落胆した方は落ち着いてください。あくまで新品の値段なので、中古の箱なしだとロックマンなんかは数百円です。もし物置から大量のソフトが出てきて「もしかしたらプレミアものかも!!」と、インターネット検索をしても、オークションなどの過去の取引実績が出てこなかったとしたら、“幻のレアソフト”ではなくオークションの“まとめ売り”のなかに含まれている程度のソフトかも知れません。

この記事を読んで、「こんなんダブり前提のトレード要因だったわ」「ヘラクライストとかいうゴミシール色違い2枚で、シャーマン・カーンと交換しちゃったわ」「ブラックゼウス持ってた! ……気がする」なんて色々と思い出した方もいたかも知れません。

せっかくの機会ですし、久しぶりに実家に帰って、物置を探索してみてはいかがでしょうか。もしお母さんが処分してしまっていても怒らないであげてくださいね。

※お店によって値段が全然違うので、この記事内の価格は一例としてご認識ください。

画像: 『from flikcr YAHOO!』Yohei Yamashita「キン消し @ 中野ブロードウェイ」
http://www.flickr.com/photos/monana7/3220353590/in/photostream/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「アゲジョ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP