ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

モテなくて得したこと

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
モテなくて得したこと

写真拡大

「女はかわいく生まれたほうが得、モテモテ気分を味わってこそ女冥利に尽きる」と、一般的には考えられている。だけど、

ほとんどの女性はパッとしない容姿で生まれ、恋愛遍歴も凡庸だ。しかし彼女たちが悲観することはあまりない。モテないからこそ得することが、女の人生には多々あるからだ。
ミズエさん(32歳)は「モテない女だからこそ、真に優しい男を見つけられる」と言う。

「20代でかわいい女の子は、コンパでも職場の飲み会でも取引先との接待(カラオケ)でも、とにかくチヤホヤされる。男の人って、どうでもいい女(私)とかわいいコとで露骨に対応が違うんですよ……。だけど、ときどき平等に女性に優しいジェントルマンがいるんです。そうしたジェントルマンを瞬時に見つけられるのは、私がモテないからこそ(笑)。一歩引いた視点で男性を見ることができます」

ちなみに「ジェントルマンの割合は5人に1人程度」だそう。少ないが、男女の出会いは量より質。容姿で女を区別する男性を避けられるのは、合理的だとも言える。
他方、「真の非モテ体質」を自称する亜美さん(32才)は、まれにモテることがあると本気で困惑するそう。

「こんな私でも、過去に何度か思いもよらない男性から告白されたことがあります。でもそうなると、うれしいどころか『やめて!』と相手の男性を気持ち悪く感じてしまうんです。モテる人はこんなことが日常的起こっているんでしょ? 大変だと思いますよ」
じつは亜美さんの彼も、同じような非モテ体質なのだとか。

「彼は中学校時代にクラスのリーダー格のブスから告白されたそう。嫌だったので返事をしないでいたら、いつのまにかその話が広まって『○○ちゃんの告白を無視するなんて最低!』とクラスの女子全員に無視されたのだとか。それがトラウマになり、いきなり告白してくる女子が怖いらしいです。幸いにもモテないから、そんな心配がなくてよかったと言っていました(笑)」

モテないことは人間関係を円滑にする。フリーで仕事をする江美さん(36歳)は「年上のお姉様方からかわいがってもらえます(笑)」。

「かわいくもないし、女っぽくないから、敵にならないのだろうと思います。学生時代から、困ったときなど年上の女の先輩たちに助けられてきました。あと私の仕事は、男性と2人で出張することもよくある。たまに『出張先で部屋のドアをノックされた』『仕事先の人にしつこく口説かれた』という話を聞くと、しみじみかわいく生まれなくてよかったなと(笑)。仕事がらみで関係を悪化させたくない人にしつこく誘われるのって面倒ですよね」

ファッションに手を抜けるのもモテない女の特権。「どうせ誰も見ていないし~」とは幸美さん(34歳)。

「疲れていると、ノーメイクで眼鏡、部屋着で出かけることがあります。美貌が自慢の友達は『せっかく女の子なんだからおしゃれを楽しみたい』と言うけれど、いつもきれいでいなくては……とプレッシャーを感じているのではないでしょうか?」

美津子さん(35歳)も「無理な若作りをするのは、中途半端な美人」と断言。

「40歳過ぎて、痛々しいエビちゃんOLファッションをしているのは中途半端な元美人が多いですね。いくらスタイルがよくても、アラフォー、アラフィフのひざ上ミニスカートはどうなのでしょうか。私たち、中途半端なブスは身の程がわかっているので、自然に年相応の服に落ち着いていくような気がします」

他にも「モテ自慢をしても、みんなが温かい目で聞いてくれる」「『出会いが欲しい』と女友達に言うと、紹介相手を真剣に探してくれる。美人なら自分で探せと言われそう」「実年齢より老けているおかげで、仕事ができるように思われている(転職1年目)」など、メリットはたくさんあった。まあモテる美人のお得度とは大差があるだろうが、モテない女も結構楽しく生きている。(来布十和)

(http://news.livedoor.com/article/detail/6899896/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。