ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伊集院光がラジオで「24時間テレビ」について“本音”を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

27日、伊集院光がラジオ番組「JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)で、26日に放送された「24時間テレビ」について言及し、ツイッターなどで話題を呼んでいる。

番組では、伊集院は「24時間テレビ」賛成派だと明かし、その理由を「『偽善』だという声もあるけれど、最終的に募金が2億8千万も集まるのだからいいのでは」とした。

また、「24時間テレビ」反対派による「番組をやらずに休んで制作費をそのまま全部寄付すればいい」という意見に対しては、「休んだらその制作費を出してくれるところはないから、それは机上の空論」と反論した。

その一方で、伊集院は「24時間テレビ」に対する苦言も呈した。まず、「24時間テレビ」が障害者支援を大きなテーマに掲げておきながら、放送日時点では開催直前だったパラリンピックを大きく取り上げなかったことにも疑問を持ったという。さらに、同番組の放送中に、北海道で震度5弱の地震が起きたが、番組内で大きく取り上げなかったことにも、「違和感があった」と本音を明かした。

この伊集院の指摘に、ツイッターでは「全くですね」「しっくりきた」など、共感する人が続出する一方、「制作費に対して募金額が低くてコストパフォーマンスが悪いのが問題視されているのでは?」といった反論もみられた。

【関連記事】
有吉弘行が平成ノブシコブシ・吉村崇のブログ炎上に言及
乙武洋匡さんが「24時間テレビのメインパーソナリティーを断った」とTwitterで暴露
自然破壊、悪天候無視、巨額の制作費…『24時間テレビ』に批判集中
フリーライター・赤木智弘「24時間テレビをノーギャラにしろとか言ってる奴がいる」と発言 視聴者「番組そのものが必要無い」

【関連情報】
奈良美智(ならよしとも)×大野智(おおのさとし)チャリTシャツデザイン&今年のテーマ「未来」(24時間テレビ)

(http://news.livedoor.com/article/detail/6899432/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP