ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オーバークロックを推奨するマザー! MSI製“超品質”マザーボード「Z77 MPower」登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オーバークロックを推奨するマザー! MSI製“超品質”マザーボード「Z77 MPower」登場

アスクは、システムのパフォーマンスを最大限引き出すことを目的にしたMSI製のマザーボードを「Z77 MPower」発売する。同社のマザーボードシリーズでは最上位に位置する。搭載するチップセットとフォームファクターは、最新のIvy Bridgeに対応したIntel Z77 Expressを搭載。フォームファクターはATXだ。

このマザーボードは、MSIが誇る高性能グラフィックスボードのフラッグシップブランド「Lightning」シリーズのDNAを受け継いでいるのが最大の特徴だ。何を隠そうメーカーが公式にオーバークロック対応を謳う数少ない製品でもある。通常、CPUのオーバークロック(OC)動作は“自己責任”なのだが、このマザーに関しては、一定条件を満たせばOCしてもOKとMSIが公式に認めているのである。

それもそのはず、このマザーはOCしても安定動作が可能なように、徹底的に品質にこだわって作られた“超品質”がウリになっているためだ。MSI独自の品質基準である「ミリタリークラスIII(5 Stars)」に準拠していたりと、オーバークロックに最適化されたマザーボードの設計になっている。さらに熱設計においては水冷やバラック状態など、エアフローがない状況も想定しているというのだから凄い。

空気の循環がない=排熱効果が期待できない“エアフローのない水冷環境下で24時間のオーバークロック稼働が可能”だという。この稼働条件を新基準「OC Certified」と名付け、それに対応した数少ないマザーボードになる。

ほかにも、CPUソケット周辺スペースを広めに確保しているので、水冷用のCPUクーラー用ヘッドユニット(いわゆる“枡”)を置きやすいレイアウトにもなっている。さらに電力効率と反応時間に優れる「ハイブリッド・デジタル・パワー」、すべてのファンをBIOS/Windows上から制御できる「トータル・ファン・コントロール」、BIOSクラッシュ時の復旧を可能とする「マルチBIOSII」、Deleteキーを押さずにBIOS画面を起動させられる「GO2BIOS」など、多数の独自機能を採用している。なおこれだけの品質、機能を備えながら、実売で2万円を切る価格と求めやすいのがうれしい。

◆製品情報
メーカー:MSI
製品名:MSI Z77 MPower
型番:Z77 MPower
発売時期:9月上旬
予想市場価格:1万9千8000円前後

MSI Z77 MPower
アスク

ITライフハック
ITライフハック Twitter

(http://news.livedoor.com/article/detail/6898642/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。