体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄の海からハイサイー! 『45th Sony Aquarium』で海の生物を学んできたよ!

沖縄の海からハイサイー! 『45th Sony Aquarium』で海の生物を学んできたよ!

8月ももう終盤に入り、子どもたちの夏休みそろそろ終わるころ。筆者は毎年この時期になると夏休みの宿題に追われてた日々を思い出します。そこで、今回は無料で大人も子供も楽しめ、かつ自由研究のネタになるスポット『45th Sony Aquarium』を紹介したいと思います。場所は地下鉄銀座駅直結、数寄屋橋交差点にあるソニービル。ビルに入る前に、青々とした屋外大水槽が置いてあり、海の生き物たちが歓迎してくれます。ここにいる生き物たちはすべて沖縄の生き物で、沖縄の美ら海水族館や沖縄の海から来たんだそうです。

ウミガメ サメとウツボ

屋外大水槽の中にはかわいい海ガメ、コワモテなウツボやサメなど、様々な珍しい生き物たちが泳いでおり、道行く人々も思わず足を止めてしまいます。

フィッシュ博士の研究所

中へ入るとソニーショールームで『フィッシュ博士の美ら海生き物研究所』の展示があり、大人も知らない不思議を教えてくれます。種類も豊富で生き物ライブラリーや、サメの秘密など12種の研究施設があり、幅広く学ぶことができます。

幼魚 成魚

例えば『タテジマキンチャクダイ』について。幼魚のうちから縄張り争いに巻き込まれないために、幼魚と成魚では違った模様や色合いをしていることを実際の魚を見ながら学ぶことができちゃうんです。

自由に使えるカメラ 水中でも使えます

ここでは見るだけではなく、一緒にソニーの機材を自由に使うこともできます。実際に横で子どもたちが機材を使って観察している姿を見たのですが、デジタル一眼カメラを使ってすごい連写に感動する子供や、水中ビデオカメラで、「お父さん! 水の中からお父さんを撮ってるよ!」とはしゃぐ子どもを見て微笑ましくなりました。最新の機材を自由に触れる、試せる場として、大人も子どもも十分に楽しむことができます。

1 2次のページ
すこやか山田の記事一覧をみる

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会