ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01DのAndroid 4.0アップグレードを8月28日午前10時以降に開始(更新:配信開始)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTTドコモは8月24日、Sasmung製Androidタブレット「Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01D」のAndroid 4.0アップグレードを、来週8月28日(火)午前10時以降開始すると発表しました。28日のアップデートでは、OSバージョンがAndroid 3.2(Honeycomb)→Android 4.0.4(ICS)にバージョンアップし、顔認証で画面ロックが解除できる「フェイスアンロック」機能やデータ使用量の管理機能などのAndroid 4.0の機能が利用できるようになるほか、Chrome for AndroidといったAndroid 4.0以上でしか対応してないアプリも利用できるようになります。また、「Google+」、「メッセンジャー」、「Playムービー」アプリがプリインストールされます。Samsung独自のホームアプリ「Touch Wiz」も新バージョンのものにアップデート、「Mini Apps」機能にアプリ3種類が追加。Mini Apps一覧の変更/削除操作もできるようになります。また、新アプリとしてスケジューラの「Sプランナー」が追加されます。アップデートでは、上記の変更のほかに、ブラウザで特定のWEBページを閲覧している最中に前の画面に戻ろうとするとエラー画面が表示される事象の修正も含まれています。更新ファイルはネットワーク経由(3G/Wi-Fi/LTE)で配信される予定で、SO-01Dの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」からアップデートを実施できます。Samsungのパソコン同期ツール「Samsung Kies」を使用してアップデート可能となっています。Samsung Kiesのダウンロードはこちら。アップデートにかかる時間は、端末単体で約30分、Kies経由では約45分となっています。アップデート後のソフトウェアビルドは「IMM76D.OMLPH」となります。2012年8月28日更新1:アップデートが開始されました。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia S LT26iに「6.1.A.2.34」ビルドへのアップデートを配信開始
HTC、Tegra 3版HTC One Xの16GBモデルを追加発売?
Xperia Pピンクカラーが1shopmobile.comに入荷

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。