ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

名作映画から考えるスクールカーストという“監獄”

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

相次ぐイジメ問題とそれに関する報道により、注目・議論されるようになってきたが、学校というのはとにかく閉鎖的な空間である。そして、閉鎖的で密度の濃い世界では、その空間独特の価値観や秩序が生まれやすい。

学校やクラスもまた、大人の世界と同様に、序列があり、支配や競争や摩擦があり、目には見えないルールがある。学生たちは、容姿や対人能力、ファッションセンス、運動能力、趣味などを基準に格付けされ、それによってクラスにおける“身分”が決まる。このような状態を、インドなどにあった身分制度であるカースト制度になぞらえ、スクールカーストと呼ぶ。
スクールカーストという言葉を知らなかった人でも、クラス内での格付けやランク付け、そしてそれが生み出す息苦しさや上下関係には、覚えがあるのではないだろうか。

2006年にオーストラリアで公開された映画『明日、君がいない』(原題『2:37』)。
同年のカンヌ国際映画祭で上映され高い評価を得たこの作品は、スクールカーストの残酷さや救いのなさを、生々しく描いている。
オーストラリアの高校を舞台に、高校生たちのとある一日が描かれる。この作品に登場する高校生たちは皆、それぞれに悩みや苦しみを抱えている。恋愛、身体障害、いじめ、薬物、家庭の不和、妊娠……。どうすることも出来ず、相談できる相手もいない。誰もが押し潰されそうになっている。そして午後2時37分、ついに誰かが自殺を図る……。

それぞれの悩みはあくまでも個別のものであり、スクールカーストと直結しているわけではない。ただやはり、重要な背景の一つとして、スクールカーストは機能している。自分の立場を誇示するように、今の身分から蹴落とされないように、主流派から外れないように、彼らは振る舞う。何らかの理由で“低い身分”となってしまった者たちは、惨めな扱いを受けている。

スクールカーストは、誰も幸福にしない。登場人物の一人は、スポーツ万能で人を引き付ける力も持っており、トップグループに属している。恋人もいるし、悪友たちと一緒に、移民の学生や障害を抱えた学生をからかい、嘲笑う。まさに王様のように振る舞っている。しかし物語が進むにつれ、彼もまた、深い悩みを抱えていることが分かってくる。誰にも悩みを打ち明けられないのは、それが露見すれば、今の自分の地位が危うくなるからだろう。高い地位に属していても、必ずしも安泰ではないのだ。スクールカーストという監獄からは、決して逃れられない。

この作品には、爽快なカタルシスも、大団円もない。最後まで救いはなく、どこまでも重く、暗い映画だ。だけど私は、10代が抱える痛みや切なさを丁寧に描いたこの作品が、大好きだ。

19歳の時にこの映画をつくったムラーリ・K・タルリ監督も、生きづらさを抱えた10代の一人だった。親友の自殺、そして自身の自殺未遂が、この映画をつくるキッカケだったという。深い苦しみや悲しみを乗り越えた者は、それを糧にして、このような美しい作品を作りうる。そして私たちも、作品は作れないかもしれないが、人の痛みや苦しみを感じ取れる人間にはなれる。
それが、この作品が示してくれる唯一の希望なのかもしれない。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「numb_86」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。