体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BluetoothキーボードでiPadはモバイルノートパソコンの代わりになるのか!?モバイルノートPCやAndroidタブレットとの比較もしてみた【レビュー】

BluetoothキーボードでiPadはモバイルノートパソコンの代わりになるのか!?モバイルノートPCやAndroidタブレットとの比較もしてみた【レビュー】

キーボードがあれば使いやすくなる!?
webも動画も写真もサクサク見られる「iPad」。ネットブックよりも軽快に動くので、モバイルノートの代わりにならないかと思ったことがある方も居るのでは!?

iPadの惜しいところはあまり進化のないソフトウェアキーボード。このソフトウェアキーボードによる文字入力をサポートするために、Bluetoothキーボードや、キーボード付きのカバーなど様々なアクセサリーが販売されています。

果たしてこれらのアクセサリーを使ってiPadの文字入力を快適にすれば、ノートパソコンは要らなくなるのだろうか!?

01

iPadの大画面はQWERTYキーボードに最適なサイズとなっており、文字入力に関しては特別不自由だと感じることはありません。とは言っても、数字を打つためには数字キーに切り替える必要があったり、入力文字の修正のために画面をタッチして微調整をしなければならなかったりと、残念な部分もあります。

Androidの様なサードパーティー製の日本語入力が使えないため、純正のソフトウェアキーボードと付き合っていくしかありません。せめて、左右の方向キーが付くだけで編集効率は飛躍的に上がると思うんですがねえ・・・。

02

ATOK Pad」を使えば、純正ではないソフトウェアキーボードが利用できます。連文節変換も使えるため、長い文節を打ってからの変換でつまずくこともありません。

ATOK Padのオリジナルソフトウェアキーボードには、純正ソフトウェアキーボードにはない方向キーと数字キーが使えます。これだけで入力効率がかなりアップします。

とは言え、数字キーが表示されるキーボードのキー配列のやっつけ感があり、正直打ちやすいかというとそうでもありません。

03

そこで、この問題に対する救世主とも言うべきBluetoothキーボードの出番です。様々なBluetoothキーボードがありますがappleのキーボードを使用すると、キーボードの刻印通りの入力ができ、さらに「;」と「:」が別キーとなるJIS配列になっています。

JIS配列に慣れた人にとって、appleのキーボードは記号系の打ちやすさが他社製のキーボードより格段にわかりやすいのが強みです。このキーボードならノートパソコンに匹敵する快適な日本語入力が可能となります。

これで見るだけではなく、入力もバリバリできるようになり最強の環境を得たiPadですが、さてモバイル用途としてはどうでしょうか?

04

筆者が使っている11インチのcore i5のノートPCと重さを比較してみましょう。重さは1479グラムで、ウルトラブックではないので厚さ・重さはあるものの通常電圧版のCPUなので重い画像処理にも使えます。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会