体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

有料メルマガはブロガーの成長を止める~有料メルマガに頼らない私の方法

有料メルマガはブロガーの成長を止める~有料メルマガに頼らない私の方法

今回はかさこさんのブログ『つぶやきかさこ』からご寄稿いただきました。

有料メルマガはブロガーの成長を止める~有料メルマガに頼らない私の方法

「アルファブロガーとか言われてた人のメルマガって、一線退いた芸能人のその後のディナーショーみたいなもんでしょ? 嫌すぎるよねw」という伊藤直也さん @naoya_ito のコメントが話題となっているという。

私もほぼ同意見で、メルマガにすることによって、特定読者しか読めないクローズドなものにしてしまうのは、ブロガーの成長性を止めてしまうと思う。
だからこそ、もはや成長が見込めない“一線退いた芸能人”が、昔の名前で売ってますみたいな形で、余生の足しにするために、コアなファンだけを集めて、バカ高い価格でなんとか食いつなぐという方法は有効なのだと思う。

まだ無料メルマガならともかく、最近流行の物書きの有料メルマガは縮小均衡に陥り、成長性を止めてしまうだろう。

もしブログなら、面倒なメルマガ登録などもいらず、お金を支払う必要もなく、誰もが自由に読めるから、その記事なり内容なりが素晴らしければ、ツイッターやフェイスブックであっという間に拡散し、多くの読者を獲得することができる。
実際に私も記事をメルマガにすることなく、オープンなブログにしたおかげで、昨年は「サラリーマンは自営の気持ちがわからない」が、1万6000以上リツイートされ、一時アクセスは10万を突破した。

今年、講演やオフ会を度々開催しているが、私を知ったきっかけは上記の記事がリツイートで回ってきて、それ以来、毎日読むようになりました、とファンになってくれる人も多い。
フォロワーもこの記事をきっかけに、多分4000人ぐらい増えたのではないか。
さらにこの記事をきっかけに、出版社から声がかかり、写真集「戦う場所」を今年出版。次回作も制作中だ。

でももしこの記事がメルマガだったら?
私をもとから知っているコアなファン数百人しか、目に触れることはなかっただろう。
新たにファンを獲得することができなかっただろう。
ましてや出版社から声がかかることもなかっただろう。

今年もある記事が大きな話題となり、BLOGOSにも記事が転載されるようになった。
今まで「かさこ」を知らない人が、オープンなブログによってより多くの人に、知られるきっかけを得たわけだ。

だからまだ成長途上の物書きやブロガーは、目先の小金ほしさに有料メルマガなんかするべきじゃない。
デメリットが多すぎると思う。

有料メルマガでも十分メリットがあるのは、
1:もはや一線を退いた物書き
(藤原新也氏の有料ホームページなど)
2:日本中誰もが知っている圧倒的知名度がある人
(ホリエモンなど)
3:文章を本業にしている人ではなく、アイドルやタレント、アーティストなど。
(ファンクラブ会報的位置づけ)
4:情報商材系のものを扱っている人
ぐらいじゃないかと思う。

でもここで大きな問題がある。
じゃあ物書きが無料で記事を提供したらどこで収入を得るのかと。
1:著書
2:雑誌やWebなどの連載
3:講演
などが考えられる。

でも上記3つの収入を得る上でも、ブログは無料オープンにして知名度を上げた方が、断然、上記の仕事は入りやすくなるだろうし、その分、買ってくれる人も増えるだろう。

ただ1~3だけでは不安定であることは間違いない。
しかも普段、無料で書いている記事の対価とは、別の労力・時間を割かなければならない。

多分2~3年後には課金制の「いいね!」ボタンみたいな機能ができて、この記事を読んでよかったと思う人が「いいね!」を押すと、10円入るとかそんな仕組みが当たり前にはなると思う。
でもまだ過渡期。
そこで私が今年5月から力を入れ始めたのが、アマゾンのアフィリエイトだ。

アフィリエイトというと聞こえは悪い。
それは内容が粗悪であやしげな、高価な情報商材や商品を売りつけるといったイメージがあるからだろう。
実際、そういうことで生計を立てているブロガーもいるのだろうが、そんなことやってたら信用を失う。

私の場合のアマゾンのアフィリエイトとは、別に私が勧める商品を買う必要はない。
ただ私のリンク先からアマゾンにとんで、自分が望む好きな買い物を通常通りしてもらえれば、私のところに定価の2~4%程度の手数料が入ってくるという仕組み。
別にそのせいで高い値段になるわけでもないし、私のところに何か個人情報がもれるわけでもない。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会