体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【炊き込みごはん レシピ】セロリと鶏肉の炊き込みごはん

【炊き込みごはん レシピ】セロリと鶏肉の炊き込みごはん

チャーハンの妖精がお届けする『ごはんレシピ』。
今回は『セロリと鶏肉の炊き込みごはん』です。

 

調理時間

炊く前10分、炊けたら40秒

 

材料 2人分

【炊き込みごはん レシピ】セロリと鶏肉の炊き込みごはん

米 1合

セロリ 小さめのものひと枝ぶん(葉っぱも使います)

鳥の手羽元 2つ

おしょうゆ スプーンなみなみ 2杯

チューブのショウガ 1スライム

 

作り方

【1】
米をとぎます。塩をふたつまみ。おまじない程度入れてください。

【2】

【炊き込みごはん レシピ】セロリと鶏肉の炊き込みごはん

セロリは葉っぱを取り除いて細かく切り、お米の上に乗っけます。

鳥の手羽元もお米の上に乗っけて、炊きます。

 

【3】

【炊き込みごはん レシピ】セロリと鶏肉の炊き込みごはん 【炊き込みごはん レシピ】セロリと鶏肉の炊き込みごはん

炊けたら葉っぱを乗っけて混ぜます

 

【ワンポイント】

味が足りなかったらお塩で調整を

 

●セロリと鶏肉のまぜごはんのお話


「フライパンを強火で熱し、肉に焼き色をつけてうまみをとじ込めます」。

料理本を読むとかなりの頻度でこの文言が出てきます。

わたしは、この一文を守ろうとしたがために、何度も失敗料理を作ってきました。

カンカンに熱したフライパンに油がなじまず、あっという間に肉がこびりついたり…油をなじませてからえいやっと投入すると今度は肉が焦げてしまったり…いい感じに焼き色がついたと思ったら中身が生焼けだったり…。

「やっぱりプロと自分は作れるものが違うんだなぁ」なんて思ったりしていました。

 

シチューや角煮などの、肉の煮込み料理でも「臭みをとるために、お肉を一度沸騰したお湯にいれ、ゆでこぼします」とか、「一度フライパンで焼き色をつけてから煮ましょう」とか料理本には出てきます。まねするとやっぱりお肉はカチカチに固くておいしくならない。

「なんでこんなに固いんだろう…使っているお肉が悪いのかな」なんて思ったりしていました。

 

「やっぱりわたし、料理下手なんだな」というわたしのコンプレックスを解消してくれたのは、24歳のとき(いまから約10年前)のこと。管理栄養士として働く姉のひとことでした。

「あーちゃんは、強火コンプレックスだね。強火なんか使わなきゃいいんだよ」

姉が言うには、家庭のガス台は確かにプロ仕様のものに比べて火力は弱いけど、お鍋やフライパンと火の距離がプロ仕様のものに比べてかなり近いそうなのです。つまり、トータルに見ると家庭用のガス台のほうがよほど高温で材料を熱しているそうなのです!!

 

えー!! まじかよ!!

1 2次のページ
中島麻実の記事一覧をみる

記者:

お米料理が好きな中島麻美です。 チャーハン、まぜごはん、どんぶり、たきこみごはんにお世話になっています。 酒のつまみは唐揚げが好きです。定食はとんかつが好きです。 出版社でOLしています。仕事柄会食が多いです。 2口ガスコンロ、2畳足らずの狭いキッチンからお届けします(・∀・)

ウェブサイト: http://www.facebook.com/nakashimaasami

TwitterID: aknmssm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。