ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ファーガソン監督のスコットランド訛りに苦戦する香川真司 現地ファンからは同情の声も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

イギリスの大衆紙「デイリー・メール」は、25日、フルハムとの試合でゴールを決めたマンチェスター・ユナイテッド(以下、マンU)の香川真司のインタビューを掲載した。

記事では、香川は初ゴールについて「彼(ロビン・ファン・ペルシー)のゴールほどではなかった」と謙遜しつつも「2ヤード距離で外すわけにはいかない」「次回はもっと遠くからゴールを決められることをマンUのファンたちに見せたい」と語るなど自信を覗かせた。

ブンデスリーガとプレミアリーグの違いについては、「ブンデスリーガではトップチームがいくつあり、その他のチームを圧倒しているが、ここでは全てのチームが難しい」と印象を述べた。

また、マンUでのプレー内容については、「サイドからのパスが多いが、チームメートたちは、もっと多様な角度や場所からボールを送ってほしい。それについて話す必要がある」と語っている。

記者からの「言葉の問題は大丈夫か?」という質問には、「(ファーガソン)監督が言っていることは全く分からない。英語は頑張っているが、監督の言うことを理解するには時間がかかりそう」と答えている。

ファーガソン監督はスコットランド・グラスゴー出身で、強烈なスコットランド訛りで知られる。英語圏のSNSでは「問題は香川の英語力ではなく、ファーガソンのスコットランド訛りなのではないか」と、香川に同情する声も寄せられている。

【関連記事】
香川に最高点!マンU初弾で英各紙絶賛「ビジョン、パス素晴らしい」
英紙が香川を絶賛「マンチェスター・U 復権の鍵、ルーニーを脅かす存在」
イギリス各紙、マンチェスター・U の香川に対し軒並み高評価

【関連情報】
Man United new boy Kagawa: I can’t understand a word that Fergie says(The Daily Mail) 

(http://news.livedoor.com/article/detail/6893593/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。