体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[TED]自分で決めたつもりのその選択、実は誰かに”させられている”かも。「我々は本当に自分で決めているのか?」by ダン・アリエリー

[TED]自分で決めたつもりのその選択、実は誰かに”させられている”かも。「我々は本当に自分で決めているのか?」by ダン・アリエリー

今回は@ushigyu(うしぎゅう) さんのブログ『おまえは今までスキャンした本の冊数をおぼえているのか?』からご寄稿いただきました。

[TED]自分で決めたつもりのその選択、実は誰かに”させられている”かも。「我々は本当に自分で決めているのか?」by ダン・アリエリー

こんにちは。合理的に考えているようでいて、よく勢いでものごとを決めてしまううしぎゅう(@ushigyu)です。

今回紹介するのは、「我々は本当に自分で決めているのか?」というTED Talk。

このダン・アリエリーさんは、私も読んだことのある行動経済学の本「予想どおりに不合理」の著者でもあります。

(めっちゃ面白いです。オススメ。)

予想どおりに不合理[増補版]
ダン アリエリー,Dan Ariely 早川書房 2010-10-22

行動経済学は、人間がどのように選択・行動するかを実験等により明らかにしていく経済学。

それによると、私たちは「こちらの方がお得」「こっちが良さそう」と合理的に考えているようでいて、どうもそうではないようなのです。

例えば、全く同じ選択肢のはずなのに、ちょっと細工をするだけでその選択肢が選ばれる可能性が飛躍的に上がったり。

日々「自分で選択している」と思っていることが、実はその仕組みを作った人にコントロールされているかもしれませんよ・・・。

「我々は本当に自分で決めているのか?」by ダン・アリエリー

動画の説明は以下の通り。

「予想通りに不合理」の著者である、行動経済学者ダン・アリエリーは昔ながらの視覚的錯覚や彼独自の思いもよらぬ(時にショッキングな)研究結果を用い、人が何かを決断する際、自分で思っているほど合理的ではないことを証明します。

それでは、プレゼンテーションをどうぞ。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会