ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

あなたの下着は透けてない? 背中やお尻にご用心!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

四季の中で最も身だしなみに気を使う夏。むだ毛の処理はもちろん、脇汗や体臭、かがんだときの胸チラ、下着の透けやチラ見えなど気をつけなければいけないことが多い。中でも自分ではチェックしにくい「下着の透け」や「チラ見え」は、わずかな油断が失敗を招く…。
久しぶりに友人とショッピングを楽しんだエリコさん(30歳・メーカー勤務)は、帰宅直後に妹から「下着が透けているの、気づいてる?」と言われて驚いた。汗と光の加減でブラはもちろん、ショーツのラインも薄らと…。その日に着ていたのは、裾や衿に施されたレースがキレイな生成り色のワンピース。

「出かける前に鏡の前で確認はしたんです。下着の色がブルーだったのと、裏地が付いていて暑いからキャミソールを着なかったのも間違いでした」と恥ずかしそうにエリコさんは話してくれた。

ちなみに、裏地の一番の役割は着脱時の動きをスムーズにすること。表地への汗の影響を防ぐ意味もあるが、表地との釣り合いも考慮するので、必要以上に厚い生地を使うわけにはいかない。下着の透け防止としては心もとない存在なのだ。

一方「ガードルの色が透けていて恥ずかしかった」と話してくれたのはミツキさん(27歳・公務員)。待ち合わせをしていた従姉妹が気づき「腰回りだけワンピースの色が違って見える」と教えてくれた。ミツキさんが着ていたのは、オフホワイトの膝丈のワンピース。裏地も付いているし、ペチコートも着用していたのだが…。

「慌てて、丈長のカーディガンを買って羽織りました。ちゃんとチェックしないとダメですね。何よりこげ茶色のガードルは失敗でした」とミツキさん。同じ茶色でもモカ茶ならば目立たなかっただろう。

腰回りといえば、白系のパンツスタイルも気をつけたい! 黒いTバックが透けて見える女性を目撃したことがあるが、驚いて二度見てしまった。また、白っぽい色ではなくても、インド綿などの薄手のスカートは風でふんわりと膨らんだときに、足のシルエットや下着のラインが見えることがある。特に逆光には要注意! 月並みだが事前のチェックとペチコートは必要だろう。

ところで冒頭で紹介した透け感のある服の流行は、一般的なTシャツやブラウスなどにも影響を与えているようだ。マリさん(26歳・イベントスタッフ)は、イベント会社から支給されたTシャツの薄さに驚いた。支給されたのは白のTシャツと黒のストレートパンツ。手配をした担当者もカタログだけではTシャツの透け具合まではわからなかったらしい。

「色の濃いキャミソールはNGなので、他のスタッフと相談して中に白っぽいブラトップを着ることにしました。上着を脱ぐとボディラインがわかってしまうのは嫌なんですけど、ブラにキャミソールを重ねるよりもすっきり見えるので妥協しました」

蛇足になるが、下着が透けている人に注意するかどうかは悩むところ。良く知っている間柄なら伝え易いが、他人の場合は難しい。ファスナーが空いている場合とは違って、すぐに対処できないことが多いからだ。見せブラの可能性もあるし、恥ずかしさから逆切れされても困る。見てみぬ振りが良いかどうかは微妙だが、せめて「人の振り見て我が振り直せ」と自分に言いきかせたい。(オフィスエムツー/神田はるひ)

(http://news.livedoor.com/article/detail/6888147/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。