体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GALAXY Noteをアウトドアでバリバリ使える! GALAXY Note防水ケース【イケショップのレア物】

GALAXY Noteをアウトドアでバリバリ使える! GALAXY Note防水ケース【イケショップのレア物】

スマートフォンとしては大柄なサイズながら、街中や電車内なども利用者を見かけるほど人気を集めているのが、5.3インチ液晶を搭載した「GALAXY Note」だ。大画面でビジネス文書もWebページも見やすいにもかかわらず胸ポケットにも収まるほど薄く、もちろん電話としても十分に使える。さらにスマートフォン中最大のバッテリー容量2500mAhも大きな魅力である。

実際に使って見ると、移動中でもビジネス文書や電子書籍を読めたり、TwitterやFacebookに投稿したりできるなど、5.3インチの実用性は非常に高い。

さらにドコモ購入価格に対して月々の利用料を割り引く「月々サポート」を増額した結果、GALAXY Note SC-05Dの実質負担金額が0円(条件によっては異なる)となったことで、さらにGALAXY Noteユーザーは増えてきそうだ。

そんなGALAXY Noteの数少ない弱点が、おサイフ機能と防水機能の非対応だ。例えば台風やゲリラ豪雨の中で使うことは無理だし、お風呂での利用やプールや海で水没させてしまったら即アウトだ。

2012年は猛暑のせいで、まだまだゲリラ豪雨も多そうだし、台風シーズンはこれからだ。まだまだ海や山、川やプール、キャンプといったアウトドアを満喫する季節でもあり、GALAXY Noteをアウトドアでも利用したい人も多いだろう。GALAXY Noteを水没事故から守り、アウトドアを満喫したいなら、「Waterproof Armband Bag for GalaxyNote」がオススメだ。

■ケースに入れたらあとはロックをするだけ
この製品の使い方は簡単。袋状になっているので袋の口に当たる部分からGALAXY Noteを入れたら、ふたをしてしっかりとロックレバー(2か所)をロック側に倒すことで水やホコリが入り込まないほど固定することができる。なお、防水性能を示す規格であるIPXは最高のレベル8となっている。数メートル程度なら、水没しても水が入り込むことがない。また多少のチリやホコリなども防ぐことができるので、工事現場などで使う場合にも有効だ。

GALAXY Noteをアウトドアでバリバリ使える! GALAXY Note防水ケース【イケショップのレア物】カバーの開口部からGALAXY Noteを入れる。 GALAXY Noteをアウトドアでバリバリ使える! GALAXY Note防水ケース【イケショップのレア物】しっかり入っているのを確認したら開口部を閉じる。 GALAXY Noteをアウトドアでバリバリ使える! GALAXY Note防水ケース【イケショップのレア物】固定レバーを固定側にしっかりとスライドさせる。 GALAXY Noteをアウトドアでバリバリ使える! GALAXY Note防水ケース【イケショップのレア物】固定レバーは2か所。両方ともしっかりと固定側にスライドさせる。 GALAXY Noteをアウトドアでバリバリ使える! GALAXY Note防水ケース【イケショップのレア物】ケースに入れたままでも操作が可能だ。

■アームバンドを使って腕に固定しての利用も可能
Waterproof Armband Bag for GalaxyNoteという名前が示すように、この製品、腕に巻いて使えるバンド(アームバンド)が付いている。セット内容としては、防水ケース本体、首からかけることができるストラップ、そして腕に巻き付けて固定できるアームバンドも付属している。アームバンドはケースの裏側に通せるようになっており、アームバンドをそこに通して腕に巻き付けて固定できるようになっている。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。