ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2つのシンセで強烈サウンドも思いのまま!実用的に作り込まれた良シンセアプリ「Magellan」【iPadアプリ】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
2つのシンセで強烈サウンドも思いのまま!実用的に作り込まれた良シンセアプリ「Magellan」【iPadアプリ】

強烈な音が作れる実用派シンセアプリ
iPad用のシンセサイザーアプリでオススメと言えば、Korgの「iMS-20」とBeepStreetの「Sunrizer Synth」がパッと思い浮かぶ。どちらも実機をシミュレートしたシンセサイザーで、それぞれのキャラクターをしっかりと持っていることが強みとなっている。

今回紹介するiPad向けアプリ「Magellan」は、これらのシンセサイザーに勝るとも劣らない個性的な音が出せる実用的なシンセアプリとなっている。

それでは、詳細に紹介していこう。

Magellanはどんなアプリ?
Magellanは、3オシレーター+2フィルター構成の減算方式のシンセサイザーで、分厚い音作りが得意なタイプのシンセサイザーとなっている。オシレーターはオーソドックスなものだが、フィルターにはフォルマントフィルターが搭載されており個性的な音作りが可能だ。

システムとしてはこのシンセモジュールが2機搭載されており、スイッチでシンセ1と2を瞬時に切り替えて音色チェンジをしたり、2つのシンセを同時鳴らすSYNTH COUPLEが用意されている。

内蔵の16ステップシーケンサーは出力先をシンセ1、2と分けることができるのでシーケンサーと鍵盤を使った同時演奏も可能となる。

そのほか、多彩なエフェクターや細かい設定変更可能なコードモードも搭載されており、音作り以外の機能も充実している。

01

X-Yパッドなどのコントローラー系が充実

02

16ステップのアナログシーケンサー。ピッチ、ゲートタイム、ヴェロシティーをプログラミングできる。

03

シンセ1とシンセ2を別の鍵盤で演奏することも可能だ。

04

ルート音に対する和音を個別に設定できるので、指一本でバッキングが可能に。

Magellanはどうなの?
見た目の印象は今風という感じはないものの、細かい機能が実に良くできていて鍵盤付きの楽器として出して欲しいと思えるほど良くできたシンセサイザーアプリとなっている。シンセ1とシンセ2の同時出力は分厚い音が出せるのでオススメだ。

細かいところでは、設定変更可能なX-Yパッドによる音色コントロールや、ルート音に対する音の重ね方を設定できるコードモードなど実践的な機能が網羅されている。

エフェクターの音色変化は強烈なものがあり、音作りに困ったらエフェクターをいじれば新しい発見がある事間違いなし。

記事執筆:mi2_303

[Image] QRコード

アプリ名:Magellan
価格:¥450
カテゴリ:ミュージック
開発者:Yonac Inc.
バージョン:1.0
条件:iPad 互換iOS 5.0 以降が必要
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/magellan/id544119998?mt=8

btn_itunes

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
【これは絶対入れてみたい!エスマックスがオススメする「iPhoneアプリ」特集】 – S-MAX – ライブドアブログ
iPhoneアプリ – S-MAX – ライブドアブログ

(http://news.livedoor.com/article/detail/6880684/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。