体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人の「語学力」はもっと高く評価されるべき

日本人の「語学力」はもっと高く評価されるべき

今回はRootportさんのブログ『デマこいてんじゃねえ!』からご寄稿いただきました。

日本人の「語学力」はもっと高く評価されるべき

とある筋から「英語が使える日本人」の育成のための行動計画という政府文書の存在を知った。文科省が平成15年に作成した資料で、内容は「英語を喋ることさえできれば国際的に活躍できる!」という牧歌的なもの。教育業界ではかなり有名な文書らしいが、なぜ国際的に活躍しなければならないのか、そしてなぜ「英語」でなければいけないのか……という考察が浅い。

一般的に、日本人は語学に弱いと言われている。日本人は外国語が苦手だという意見を、耳にタコができるほど聞いた。しかし、そんなことはない。むしろ日本人ほど語学面で恵まれている人々はいない。21世紀という時代にあって、日本人の「語学力」は飛びぬけた優位性を持っている。

少なくとも私は「言語」という点で、日本に生まれてよかったと思っている。

その理由は3つある。

1.日本語が使える

友人はApple社に提出する履歴書の「Skills」の欄に「Native Japanese Speaker」と書いた。日本語を使えることは、世界的には「技能」なのだ。日本国内にいると気づきにくいが、日本語を理解し、読み書きできる人材は世界的に貴重なのだ。

日本経済の凋落が叫ばれて久しい。しかし日本のGDPは世界第3位で、1億2000万人を超える“日本語圏”の消費者がいる。日本が衰退しつつあるのは事実だが、衰退しきっているわけではない。日本の没落はあくまでもゆっくりとしたもので、いまだに日本語圏は魅力的な市場なのだ。

たとえばバングラディシュは1億4000万人の人口を抱えており、日本人口に近い。が、あなたが企業の経営者だとしてベンガル語圏と日本語圏のどちらで商売をしたいだろう。今後20年ほどは間違いなく日本人を相手に商売をしようとするはずだ。これは極端な例だとしても、2011年の名目GDPは日本が5兆8,694億米ドルなのに対して、第4位のドイツは3兆5,770億米ドル、ほんの6割だ。ドイツ語話者は1億数千万人、日本語話者とほぼ同じである。では日本語とドイツ語、どちらを身につけていたほうが“トク”だろう。

地球は狭くなった。

たとえば松江市の小学生と、バークレーの大学生、ヨハネスブルグのビジネスマンが、同じオンラインゲームで一緒に遊んでいる。たとえばマン島の少女が書いたストーリーを台北のイラストレーターがマンガにして、練馬区の高校生が編集して、同人誌として東京ビッグサイトで売っている。そんな光景が当たり前になった。成田から一晩で世界中どこにでも行ける。もはや世界は一つだ。私たちは“地球人”としての自覚を持つべきだ。

21世紀の小さな世界で日本語を母語にできたのは、幸運以外の何ものでもない。日本で働きたいと渇望している人は(先進国・後進国を問わず)数えきれないほどたくさんいる。しかし、彼らの前に“日本語”が巨大な壁として立ちはだかる。英語圏の人々が日本語を習得するには信じられないほど長い時間がかかる。中国語圏でもアラビア語圏でも同じだ。どうやら日本語は「難しい言語」のようだ。あなたは、世界中のほとんどの人が望んでも手に入れられないものを持っている。日本という国で生きる権利だ。日本で働くチャンスだ。そして、日本語だ。

日本語もろくに使いこなせない人が「英語を学びたい」と言うのは噴飯ものだ。日本語を母語にできた幸運に感謝しながら、まずは「国語」をきちんと学ぶべきだろう。

2.英語学習の環境が整っている

ためしに「英会話教室」でGoogle検索してみよう。じつに846万件のヒットがある。(2012年7月30日現在)未就学児向けの英語塾もあれば、社会人向けの教室もある。なにより日本では義務教育に英語が組み込まれている。日没後、近所のHUBに行けばたくさんの外国人が――ネイティブにせよ非ネイティブにせよ、意志疎通に英語を使う人々が――話し相手を求めて集まっている。国際交流サークルやボランティア、あるいは語学留学の窓口……日本には英語学習の機会がこんなにたくさんあるのだ。あなたが英語を使えないのは学校教育が悪いのではない。学習機会を見逃しているだけだ。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会