体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出

技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出

この記事はえふしんさんのブログ『F’s Garage』からご寄稿いただきました。

技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出

SHARPが大変な危機というのはニュースで流れている通り。

会社の状況がよろしくない時に、急に公式アカウントが活発になると言うのは、かつてのカトキチ始めTwitterではたびたび起こることですが、今はSHARPアカウントの方が頑張っておられるようです。

ツイッターにアクセスしたらシャープのアカウントの人が、X1やX68の写真をアップされていたのに影響されたので、僕のシャープ製品との付き合いについて書いておこうと思う。

■パソコンテレビX1の革新的なテープドライブ

中学生の頃、パソコンテレビX1というシャープのパソコンを買ってもらった。

僕が買ったのはX1Fと言う廉価な機種で、その中でも一番低いグレード。カセットテープが外部記憶装置になっていました。カセットテープを知らない人もいるでしょうが、そこは省略。

最近は外部記憶装置はせいぜいUSBメモリやSDカードで、主流はネットからデータを全て落とす時代になってるけど、当時はカセットテープやフロッピーディスクでデータを保存したり読み込むものだった。

カセットテープをランダムアクセスできる命令が用意されていたのは、世界で唯一シャープだけ。本当に目の付け所がシャープだった。
(同じシャープのMZ80Bが元祖だそうです。)

実際、日本ファルコムのザナドゥ(というゲーム)がテープ版で出せたのは、ランダムアクセスができたから。

ランダムアクセスと言ってるのは、テープの無音部分を区切りとして、何個のブロックを飛ばすか?!を制御できる機能のこと。テーブが何本目のテープで、しかも、どこにいるかを把握できることで、何ブロック飛ばせば必要なデータがあるかを把握できるし、ユーザーにテープの入れ替えを指示することができた。

それまでのテープは、パソコンのメモリに格納されたプログラムをただバックアップするだけの存在だったのに、ランダムアクセスがあることでフロッピーディスクのように大きなデータを扱えることになった。正真正銘の「外部記憶」としての存在に昇格させたのがシャープのイノベーション。

ただしボスキャラに遭遇して、20分テープを読み込んで、さぁようやく戦うぞと敵にあたって10秒で死ぬと、またセーブポイントに戻るために20分ロードするという素敵仕様。要するにアイディアは優れていても、そこに外部記憶装置としての合理性はないわけです。こち亀に出てくる発明みたいなものかもしれません。

それでもお金より時間が有り余っている中学生にとっては、ゲームが遊べないよりは全然ありがたいわけです。

その後、X1 turboのmodel20をツクモのアウトレット製品で手に入れるものの、これは割とすぐに売ってしまって、しばらくNECのパソコンの方に浮気していた。

そして高校に入って、X68000を買う。

■伝説のX68000を手に入れた話

X68000が発表されたのは中学二年生の頃だっただろうか。この頃パソコンを知ってる人なら、この製品が持つ強烈さを覚えているだろう。なにせ初代機はグラディウスが同梱されているのである。ゲーセンそっくりのゲームがついている。

ハード面でもアップルのパクリではなく、Macの良い思想を新しいアレンジでインスパイアしていた。個人的に好きだったのは、電源のオンオフの動作や画面フェードアウト制御、何よりソフトウエア発想が優れていた。電源制御がソフトウエアで制御できタイマーでパソコンのオンオフが制御できる。しょうもない話だが、フリーソフトで、マシンの電源on/off時に好きな声優さんの声を喋らせることができた。そういうことが可能なハードも凄いし、そういうのをうまく活用する開発者も素敵だった。

例えて言うなれば、ニコニコ動画の作りこみやコミュニティ感が好きな人は、絶対に好きになれるハードだと思う。

僕もずっと欲しかったが、なにせ初代X68000は、変態解像度の専用モニタとセットで50万円もするので金持ちか変人しか買えない。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会